Amazon Payを日本のオンラインショップ使うならco.jpのIDを入れよう

オンラインショップの支払いでAmazon Payを選ぶなら、ログインするときのIDとパスワードに注意しましょう。

この記事はamazon.co.jpだけでなく、amazon.comにアカウントを持っている場合の注意点です。amazon.co.jpだけであれば問題はないと思います。

オンラインショップの支払いでAmazon Payを選べるケースが多くなってきました。そこで問題になるのは、amazon.comとamazon.co.jpの両方にアカウントがあるケースです。日本の事業者のショップで買い物をするとき、支払いに利用できるのはamazon.co.jpのAmazon Payで、amazon.comのほうのAmazon Payは利用できないことが多いです。

そして、Amazon Payを選択するときの「Amazon Pay」ロゴをクリックすると、URLとしてamazon.comへリダイレクトされます。そこで、IDとパスワードを入力し、その入力したIDに応じてamazon.co.jpのアカウントか、それともamazon.comかが判断されるようです。日本のオンラインショップでamazon.comのアカウントで決済しようとすると、「申し訳ございません、Amazon PayではAmazon.co.jpアカウントのみご利用可能です。」というエラーが表示されます。こうなってしまうと、ブラウザーのキャッシュを削除してやり直すしかなくなってしまいます。

私の場合、amazon.co.jpもamazon.comも同じメールアドレスを使用しており、パスワードを分けている状態です。普通にApple Payのページにリダイレクトされると、ブラウザーのパスワード自動入力機能が働くのですが、このときにamazon.comのほうのパスワードが入力されてしまうので、co.jpのパスワードを入力しなおします。

もし、IDとパスワードを同じに設定している場合、試してないのでわからないですが、おそらくamazon.comのほうのアカウントになるかと思いますので、あらかじめ登録しているメールアドレスかパスワードのどちらかを変えておくことをおすすめします。

そもそも、amazon.co.jpだけアカウントが別管理になっているのが、こういう部分で複雑になっている原因です。個人的には統合してもらいたいものです。

あとがき

海外のオンラインショップでAmazon Payを利用するケースは何度かありましたが、日本での利用はつい先日、チェインクロニクルのキャラクターのねんどろいど1を思わず予約したときが初めてでした。私はamazon.comで買い物をしたことがあったので.comのほうのアカウントを持っていたのです。AWSも.comのほうのアカウントが主となっていますので、今後は日本でもamazon.comのアカウントを持っている人は増えてくると思います。

このアマゾンのID問題は、アマゾンのサービスを使うにあたって、意外に障害になることが多いです。Amazon Cloud Driveを利用するときも、無制限プランがamazon.comでしかサービスしていなかったとき、アプリから接続するとamazon.co.jpのほうに接続してしまいました。結局、使えるようになったのは、日本でもサービスを開始して以降となり、使い始めが世界的にみたら遅くなりました。せっかく便利な機能が.comのほうでリリースされても、.co.jpでのサービス開始まで待たなくてはいけないのです。

今回も分けるなら完璧に分ければいいのに、Amazon Payの認証画面が.comのほうに統一されているのがややこしい。分けるなら認証画面も.comと.co.jpに分けておけばいいのにと思いました。

ちなみに、ねんどろいどを買うのは初めてです。こういうものを買うほど好きなアニメやゲームがなかったのが、これまで購入しなかった理由です。聖闘士星矢は好きですが、あのフィギュアは価格が結構お高いので、手が出しづらいです。

ねんどろいどユリアナを買うと、専用武器とユリアナv1が付いてくるようです。v2じゃなくてv1を付けたのは、おそらくですがチェインストーリーという、ストーリークエストのキーキャラ2となっているのがv1だからだと思います。また、v2は最近、フェスでガチャにピックアップされたこともあるのだと思います。ただ、ねんどろいどの写真を見ると、v2ベースでデザインされているようです。どうせなら両方つければいいのにね。まあ、私はv2のほうは完凸しましたので、v1で全然構わないのですけどね。v1を手に入れたのはチェンクロを始めた比較的に初期の頃でしたが、まさかこんなに長くやり続けるとは思っていませんでした。しかも、こんなに長くゲームが続いているとはね。

  1. これ「Good Smile Company – ねんどろいど ユリアナ」です。
  2. キャラクターを手に入れることがトリガーとなってストーリーが始まります。