ビックカメラが秋葉原に! ソフマップ本館をビックカメラに転換!

秋葉原に久しぶりに行ってみたら、ソフマップ秋葉原本館だった場所がビックカメラに変わっていました。

私が行ったときはプレオープン中ということで、1階のみで営業をしていました。

線路をくぐって歩いて行くとプレオープン中の文字が見えます。
線路をくぐって歩いて行くとプレオープン中の文字が見えます。
ビックカメラが1階のみで営業中。
ビックカメラが1階のみで営業中。

ソフマップ秋葉原本館は2017年5月31日に閉店し、ビックカメラのグランドオープンが2017年6月22日とのことです。

こういうのを見ると、そういえばソフマップってビックカメラに買収されたんだっけと思い出しますね。そう考えると、ビックカメラって、意外にアキバの一等地に店舗を持っていますね。

店舗の前には秋葉原通り魔事件の犠牲となった方のための祭壇があり、ちょうど9年目を迎えたばかりで、花を手向けたり、祈りを捧げる人がいました。新しく店舗ができて、活気があふれる街になれば、それが一番の供養になるのかもしれません。

あとがき

事件後に歩行者天国が中止され、2011年に再開されたときは、記念にとカメラを持って撮影に出かけました。同じ日に、耳かき店員のストーカー殺人があった耳かき店にも、ひざまくら耳かきをしてもらいに行きました。歩行者天国も多くの人で賑わい、耳かき店も営業を続けて繁盛しているようでした。

思えば、秋葉原は過去にはヤマギワソフト館の火災だったり、何かと災難に見舞われてきました1。そんな災難を乗り越えて街は再開発されて、大きなビルが立ち並ぶようになり、以前のような雑然とした雰囲気は残しつつも、ちょっとしたオフィス街のような場所もできてきています。萌え系を売りとする店が多く立ち並び、外国人客も増えています。依然、メイドやJKの客引きの姿はありますが2、アキバという街は必死に人を集めて、活性化しようとしているのかもしれません。

  1. 店員の迅速な誘導で店内の客は無事に避難できたようです。
  2. 条例で禁止になったはず。