iPhoneだけでYouTuberになる方法

いま話題YouTuberですが、iPhoneがあればYouTuberになることができます。

YouTuberといっても、動画を上げ始めた人から広告収入や企業からの投資でかなりの売上を上げている人などさまざまいます。

ここでは、YouTuberになるために、その第一歩として、YouTubeに動画をアップする方法を紹介します。

実はYouTubeに動画をアップするにはiPhoneがあれば大丈夫。もちろん、Androidでもいいと思いますが、私はiPhoneしか持っていないので、iPhoneに絞って話をします。

必要なのは、動画を編集するアプリ。さしあたり、iMovieがあれば大丈夫です。

iMovie
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

iMovieを手に入れたら、あとは写真や動画をiPhoneで撮りまくりましょう。何かテーマを決めて撮影するといいと思います。どんな動画を出したいのかを考え、撮影に臨んでみましょう。

iMovieに写真や動画を追加していく。
iMovieに写真や動画を追加していく。

写真や動画を撮影したら、iMovieを起動してどんどん追加していくだけです。写真や動画を追加していったら、テキストを追加してみましょう。また、BGMを設定すると雰囲気が出ます。iMovieには、デフォルトで無料で使うことができる音楽があります。

お気に入りの曲をiTunesから追加することもできますが、著作権の問題がありますのでやめましょう。ネットを検索すれば、フリーで利用可能な音源を公開したいるサイトはたくさん見つかります。もし、iMovieのBGMで物足りないようだったら、それらを利用するようにしましょう。

動画ができたらあとはYouTubeにアップロードするだけ。すべてiMovieから操作できます。

iMovieオプション
iMovieオプション

書き出す前に、設定アプリのiMovieのオプションから「60 fpsでの書き出しを有効にする」をオンにしておきましょう。これで高画質で書き出すことができます。

アップロードしたら、公開されていることを確認します。

例えば、こんな感じの動画です。

これはすべてiMovieで作った動画で、ほとんどが写真、最後のコーヒーのシーンだけが動画です。BGMはiMovieにデフォルトで入っているテーマ曲です。

何気ないことでも、動画にしてみると意外にみてくれる人がいるかもしれませんよ。

視聴者数を伸ばすために過激なことをやると炎上しやすいので、自分がどの程度の炎上を許容できるのか、あるいは炎上したくないのかを考えて撮影するテーマを決めるといいと思います。

一般的には炎上は避けたほうが無難です。

では、人気が出るコンテンツは何か?

猫じゃね?(テキトー)

まあ、何か役に立つとこ、誰もやったことがないことへのチャレンジなどは見る人がいると思います。ゲームのプレイ動画なども一定の需要はあるみたいです。また、趣味のことを動画にすると、同じ趣味の人は見ますので、そういうことを考えながら動画のテーマを決めるといいのではないでしょうか。

チャンネルの再生回数が10,000回を超えたら動画に広告を貼ることができるようになります。その際はGoogle Adsenseのアカウントを用意する必要があります。

なお、パソコンで本格的にやりたいなら、Final Cut Pro X1かAdobe Premiere Pro CCを利用するといいでしょう。価格は3万から6万ぐらい2です。

世の道楽者たちよ、健闘を祈る…

iMovie
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

あとがき

最近はYouTuberが話題になることが多くなりました。YouTubeにアップロードしている動画につく広告収入だけで生活を成り立たせるのは、並大抵の努力ではいけません。動画に対するこだわりだったり、面白いコンテンツを生み出していく力と続けるモチベーション、編集技術などやるべきことは多くあります。簡単に動画を撮影してアップすればいいというものでもないですし、かと思うと、何気なく撮影してアップした動画が話題になることもあり、読めないところも面白いです。とりあえず、趣味で動画をアップするだけでも楽しいと思います。

また、さまざまなコンテンツがあり、個人的に、どうしてこの動画がこれほど人気なのかわからないような動画もかなりの人気コンテンツ3になっていたりします。多様な価値観が存在することも、テレビなどの既存のメディアにはない大きな特徴ですし、何よりも自分がコンテンツを提供する側になれる、しかも誰でもなれるということが、これほど話題になる所以でもあると思います。

ただ、気軽に動画をアップできるということは、一方ではリスクを考えなければなりません。プライバシーの侵害や、一時期のTwitterのように従業員のイタズラ画像で企業が謝罪に追い込まれたりすることも、動画ならより多くの証拠を世に出してしまいます。炎上で視聴者数を増やすことは、一時的にはメリットに見えるかもしれませんが、長期的に見るとデメリットしかなくなってしまいます。よく考えてから動画をアップロードしたほうがいいでしょう。

  1. Macユーザーのみ。3万ぐらい。
  2. Adobe Creative Cloudで大体年間で6万ぐらい、学割などを使うと3万ぐらいです。「デジハリ Adobe」でググってみてください。誰でも、学割講習付きで購入できます。
  3. 大食いの女性がただものを食べるだけのコンテンツとかね。