アプリでしか読めない記事を私は読まない

モバイルのブラウザーで読めない記事は、アプリをダウンロードしてまで読もうとは思いません。

Yahoo!ニュースの特集記事1が気になって、URLをあとで読むために保存しておきました。外出先で少し記事を読む時間ができたので、保存しておいたURLにアクセスすると、記事がブラウザーでロードされます。スクロールしていくと、こんなことが書かれていました。

続きを読む

※アプリが起動します

私は静かにブラウザーのタブを閉じました。

運営サイト側の思惑は、モバイルアプリでマネタイズする仕組みを構築したいのだと思います。しかし、ひとつの記事を読むためにアプリをインストールして、初期画面を通過しなくてはいけないコスト(面倒さ)2を考えると、別に読まなくてもいいやと考えてしまいます。

パソコン用サイトではブラウザーで読めるものが、モバイルではアプリを経由しなくては読めないというのは、ユーザーにとっては納得のいかない面倒さを強要するようなものです。それだったら、保存しておいたURLをパソコンで開けばいいだけの話です。

モバイルではアプリが当たり前で、アプリこそがユーザーが求めているものだ、とでも考えているのでしょうか。私は余計なアプリは入れたくありません。特に特定のサイトを見るためだけにアプリはダウンロードしたくありません。

ウェブサイトの数だけアプリが必要になるのだとしたら、見る記事によってアプリを切り替えなくてはならなくなります。すべてのページがブラウザーで表示できるように、プロトコルや言語3が標準化されてきた歴史に一矢報いようとしているのでしょうか。

では、そのアプリのダウンロードを強要するページが、よっぽど読むべき素晴らしい記事を掲載しているかというと、読んでみると別に無理に読まなくてもいいレベルであることがほとんどです。

モバイルでも専用アプリがなくても、パソコンの環境と同じようにブラウザーで読みやすく表示するのが、本当のユーザビリティではないでしょうか。

あとがき

最近、単なるニュースサイトのアプリって増えました。ウェブサイトで見られればいいものをわざわざアプリ化するって、どういうメリットなのでしょうか。例えば、最近多い広告ブロック対策として、アプリ化することで、ブラウザーの広告ブロックエクステンションを回避しようという動きなのかもしれません。アプリ化してユーザビリティが向上する部分もあるでしょうが、わざわざアプリを作成するコストをかけて、Appleのデベロッパーネットワークに年間1万円近く払ってアプリを公開するわけですから、何かしらのマネタイズ目的がなければなりません。

もちろん、インフラを用意して、コンテンツを用意してとなるとそれなりにコストがかかるものですから、何かしらマネタイズしていき、運営費を稼ぎ、さらには利益を上げなければならないので必死なのはわかりますが、プラットフォームによって、一方では普通に見られるものを、別のほうでは見られなくするというのは、そのプラットフォームを使っている人からすると、差別された印象が残り、いい気分ではありません。パソコンでは普通にブラウザーで見られるのに、なんでiPhoneではアプリ強制やねん、という思いが残ります。こういった感情的なしこりからユーザーが離れていくのは、事業を行なっている側からするともったいないと思いますし、ユーザーからしても嫌だから見ないことで、有益なコンテンツから情報を得ることを制限されるのは、実にもったいないです。こういう施策は誰も得しないのではないかと思います。アプリでユーザビリティを向上させることはありですが、ブラウザーでも見られますよ、でも興味があったらアプリをダウンロードするといいですよ、というレベルに留めておくほうが私はいいかなと思います。

Yahoo!ニュースの特集記事なんて、ヤフーがちゃんと取材して掲載している力を入れた記事でしょうし、それがモバイルだとアプリじゃないと見られないというのは、とてももったいないです。それだったら、最初から有料記事にしてしまえばいいのにと。

  1. いきなり名指しっす。すまんっす。
  2. 使い方レクチャー用のポップアップって、個人的には好きじゃないです。説明しないと使いこなせないユーザーインターフェースなら、直感的に操作できるようにデザインできないかをまずは検討してみるべきでしょう。
  3. プログラム言語のことね。