初の銀だこでカリカリたこ焼きを堪能

ヨドバシAkibaのすぐ脇にある銀だこで、初銀だこしました。

一度は行ってみたいなと思っていたのですが、なかなか機会がなくやり過ごしていました。ヨドバシ.comで注文した品物を店舗受け取りのオプションにして、秋葉原まで取りに行ったとき、ついでなので行ってみることにしました。

実は店舗受け取りでヨドバシAkibaに行くことは何回かあり、実はその度に何か食べているのですが、大抵はClub Marionのクレープになっていました。今回はクレープではなく、銀だこにしてみたのです。

クロワッサンたい焼きというのもあったのですが、やはり初めて銀だこに来たので王道のたこ焼きがいいだろうと思い、たこ焼きを。ソースを塗ってもらい、マヨネーズはカラシ入りがどうか聞かれましたので、普通のマヨネーズにしました。

ヨドバシAkibaの脇は座る場所がないので、秋葉原駅前の通りの正面にある自販機の前のベンチまで移動して食します。

銀だこ たこ焼き
銀だこ たこ焼き

外側はカリッと焼き上げられていて、そのカリカリの薄い皮を破るとトロトロの中身が出てきます。熱いのでハフハフしながら食べます。お茶でも買っておけばよかったと思いながら、でも膝の上にたこ焼きを載せている状態で買いに行くのは面倒団と思い、冷ましながらいただきます。

銀だこ、おいしくいただきました。一時期、チェンクロとコラボをやっていて特別メニューが出ていましたが、行っとけばよかったなんて思いました。

あとがき

立ち飲みってどうしても避けてしまいます。店に入る大きな理由のひとつに座ってゆっくりしたいというのがあり、立って飲むのが億劫だなと思ってしまうからです。ただ、外からワイワイやっているのを見ると、仲のいい仲間と一緒に立ち飲みというのもいいのかなと羨ましく感じます。あと、大抵、立ち飲み屋さんって混んでいるんですよね。いい大人なので、少し飲み屋の開拓をしたほうがいいかなと。まあ、お酒はそんなに飲まないですが、おいしい料理が見つかれば幸せですからね。飲み屋さんの料理って、なんであんなにおいしいんでしょうね。

飲み屋で思い出しましたが、宴会が終わって店舗の前にたむろするのやめないですかね。あれ。通行している側から見ると、とても邪魔なんですよね。通ろうとしても避けるわけでもなく、バラバラにたむろしているから、イライラしながら通行していたりします。円になって挨拶が始まっていると、もう最悪です。そういうのは、店を出る前に、というか、席を立つ前に済ませておけと。いつまでも名残惜しくしているのではなく、店から出た人から帰りましょうよ。たむろするなら通行人の邪魔はするなと。いい大人はさくっと帰りましょう。

最近、一部の宅配業者の労働環境についていろいろ言われています。正直、あれって会社次第なのだと思います。指定された時間に配達に行ってもいないというのは問題ですが、取り扱いが増えて配達員が足りないというのは、宅配業者の経営の責任で、国民的な話題にするほどでもない1のではというのが個人的な感想です。結局、配達員を安い給料で使いたい経営側の思惑でしかないのかなと。給料を残業代も含めてちゃんと払い、もっと高給にし、福利厚生を整えれば人は来るのではないかと。宅配料金を値上げしたとして、それがちゃんと配達員の拡充のために使われるのかどうか、労働環境の改善のために使われるのかどうかは疑問が残りますね。料金を上げ、サービスを縮小しておいて、「取り扱いが減って経営が大変だからもっと注文して」なんて言うなよ。

利用者側としたら、もし協力したいなら指定時間にちゃんと家にいて出ること2と、今回の投稿のように店舗受け取りを利用して仕事帰りなど、外出したついでに受け取ってしまうという手があります。まあ、宅配ボックスが増えていけば、配達も楽になるでしょうし、それでいろいろ便利になるのであればいいですね。駅などのロッカーを活用したりする新たなビジネスも出てきているみたいですし、結果的にはこうして全国的な話題になったのはよかったのかもしれませんね。

その昔、クロネコはライオンに噛み付いたことがありましたが3、巨大な密林相手になすすべがあるのでしょうかね。

  1. まあ、ブラック企業を表にあぶり出すという点では、こうして世間の話題になったのは正解だったのかもしれませんね。
  2. クソしているときは仕方がないよね。
  3. 三越事件でググってみよう。