ペンケースをGorillapodケースにしてしまう

ペンケース01

Gorillapodを裸で持ち運ぶのは少し気が引けるものです。構造が複雑な分、鞄に入れているとほこりだらけになそう… だったら、ケースに入れてしまえと。専用のケースがないならペンケースに入れてしまえと。

Gorillapodはカメラを固定するのに便利なアイテムです。スマートフォン用の三脚マウントを使えば、iPhoneを簡単に固定することができますので、手ぶれしてほしくないシーンの撮影もこなすことができます。

それぞれのアイテムの紹介記事はこちらです。

Gorillapod OriginalをiPhone用に購入

スマートフォン三脚用マウント Bluevision SuperMount F Long で手ぶれしない撮影

ところが、意外にこいつら持ち歩かないのです。持ち歩く気にならないのです。自分はどうしてこいつらを持ち歩かないのだろうと考えたのですが、「そうだ、ケースがないからだ」と気づきました。

鞄の中って意外にほこりだらけだったりします。そんな中でこいつらをむき出しのまま持ち運べば、いざ使うときにほこりだらけで悲しくなってしまいます。Gorillapodは構造が複雑なので、ほこりを落とすのも苦労しそうです。そうならないために、こいつらを入れて持ち運べるケースを探しました。

こういう周辺グッズ専用のケースって意外にないもので、どうしようかと途方に暮れて歩いていたところ、丸ビルに入っているロフトでいいものを見つけました。

ペンケース02

ペンケースです。

ペンケース03

しかも、ペン立てにもなります。

ペンケース04

Gorillapodを入れてみます。いい感じじゃね?

ペンケース05

入った!

ペンケース06

周辺グッズ全部入れちゃえ!

ペンケース07

入っちゃった(ハート)。

このケースひとつを鞄に入れれば、iPhoneでの撮影に困ることはなくなります。必要なときはケースごと出してしまえばいいのです。鞄の中も整理できますし、周辺グッズもほこりだらけにならないし、一石二鳥じゃないですか!

スマートフォンの周辺グッズの収納に困ったら、スマートフォングッズ売り場ではなくステーショナリーコーナーに足を運んでみましょう。