macOS SierraのプレビューがScanSnapのPDFを壊す問題の現時点での回避策

過去にScanSnapが作成したPDFをmacOS Sierraのプレビューで編集するとファイルが壊れることがPFUから案内されています。この回避策はないか考えてみました。

2016年10月11日追記: 対応アップデートが発表されました。

ScanSnapのmacOS Sierra対応アップデートがリリースされた

macOS Sierra、やっぱりすぐにアップグレードしたいですよね。しかし、ScanSnapユーザーはアップグレードを待ったほうがいいのは、前回の記事でも書きました。

ScanSnapユーザーはmacOS Sierraへのアップグレードはちょっと待て!

では、回避策はないのでしょうか?

いまのところ、考えられる回避策はmacOS Sierraにアップグレードしないという方法があります。でも、アップグレードしても普通に使うにはどうすればいいか。

macOS SierraのプレビューがPDFを壊すなら、PDFの純正ツール、つまりAcrobatを使えばいいということになります。

ただ、この方法にはかなりの難点があり、Adobe Creative Cloudに契約していない人は追加の費用が発生します。それも多額にです。

もし、Adobe Creative Cloudを契約している場合はmacOS Sierraのアップグレードを行ってもいいかもしれませんが、そうでなければアップグレードは見合わせたほうがいいでしょうね。また、Acrobatを持っていても、アップグレードして間違えてプレビューで編集しないように注意が必要です。

私はAdobe Creative Cloudを契約していますが、Acrobatを入れるのが面倒なので、もうしばらくようすをみようと思います。


2016/09/24 追記: 追加の情報が発表されました。

macOS SierraでScanSnapで作成したPDFが壊れる問題の追加情報が発表


カテゴリーMac