macOS SierraでScanSnapで作成したPDFが壊れる問題の追加情報が発表

PFUからScanSnapで作成したPDFがmacOS Sierraで壊れる問題で、追加の情報が発表されました。

2016年10月11日追記: 対応アップデートが発表されました。

ScanSnapのmacOS Sierra対応アップデートがリリースされた

発表内容は、発生する事象とその条件です。詳細な条件がわかったので、この条件で致命的な問題が発生しないのであれば、アップグレードはしてもいいかと思います。

「macOS Sierra」へのScanSnap対応状況について

詳細な条件のリンクは「2. ご利用の注意事項」の一番下の右側に「詳細条件はこちら」という記述があり、そこからアクセスできます。

macOSのプレビューが起こす問題としては、ScanSnapで作成したPDFを編集するとファイルサイズが大きくなるということだけみたいです。

鬼門は「A3」と「白黒、またはカラー自動判別」みたいなので、使うときはA3はしばらく諦めることと、カラーモードを自動判別ではなく、明確にカラーか白黒に設定してから読み込むというところでしょうか。

とりあえず、個人的にはプレビューで編集したときに無条件に壊れるわけではないということがわかっただけでもよかったです。

カテゴリーMac