Read it LaterのFirefoxアドオンが便利

Read it Laterはその名の通り、あとで読むを実現するサービスだ。Webの記事をあとで読みたいときに保存しておいてくれる。Firefoxを使っているなら公式のアドオンを入れれば、簡単に記事を保存できる。

Read it Laterはあとで読むサービスとして便利であることは以前の記事「Read It Laterであとで読む」で書いた。Google Readerに送信先として設定できるが、WebブラウジングでもRead it Laterに記事を保存したい。

そういうときに便利なのが拡張機能だ。筆者は最近Firefoxを使っているのでFirefoxのアドオンを使っているが、ChromeでもExtentionがある。これらの拡張機能を使えば、Web閲覧中に簡単に記事をあとで読むサービスに保存することができる。

Firefoxのアドオンを例に取り上げたい。

  1. Read it LaterのホームページからAdd to Firefoxをクリックする。
  2. Read it LaterのFirefoxアドオンページからアドオンをダウンロードする。
  3. Firefoxのアドレスバーの後ろにRead it Laterのマークがつく。Web閲覧中に保存しておきたい記事が見つかったらこのマークをクリックする。

  4. ツールバーにあるRead it Laterのボタンから保存した記事にアクセスできる。

    保存されている記事の内容は気にしないこと!
  5. 保存されている記事を表示した場合、アドレスバーのマークは赤のチェックになっている。このマークをクリックすれば読了マークをつけることができる。

ブラウザにはない便利な機能を使って、快適にあとで読むサービスを使おう。

関連リンク

Read it Later
http://readitlaterlist.com/

関連記事

Read It Laterであとで読む

カテゴリーIT