ダイエットするときは思いこみが運動のつらさを軽減する

ダイエットには運動が欠かせない。運動はつらいのであきらめてしまいがちだ。運動するときにやせたときの自分を思えばつらくなくなる。


運動をしないでやせるのは難しい。やせるためには摂取するカロリーを減らし、消費するカロリーを増やさなくてはいけない。摂取カロリーから消費カロリーを引いたときにマイナスにならなくてはいけないのだ。マイナスにならなくては体についた脂肪はとれない。

ふだん、我々が取る食事のカロリーは多い。摂取カロリーを減らすだけでダイエットしようと思えば、かなり質素な内容の食事にする必要がある。生きているからには食生活も楽しみたいものだ。質素な食事を楽しむならありだが、食事を質素にすることで気持ちも貧しくなっていくようならやめたほうがいい。

充実した気持ちになるためのダイエットである。太っている自分よりもやせている自分のほうが気分がいいからダイエットするのではないだろうか。やせることで気持ちも沈んでしまうならやせないほうがましだ。気分が沈むことによって、何事にも意気消沈して前向きに取り組めなくなることが一番怖い。

食生活を楽しみながらも体重を減らしていくためには、消費カロリーを増やすことで脂肪を減らす必要がある。摂取する以上に消費をすればやせることができる。そのためには運動が一番いい。特に筋トレは効果的だ。筋肉という組織は一番カロリーを消費してくれる。筋肉は常に活動しているので、筋肉を増やしておけば、何もしていないときでもカロリーを消費してくれる基礎代謝が増えることになる。ダイエットには筋トレが最適である。

だが、つらい。筋トレはつらい。筋肉を増やすことに喜びを感じて筋トレに励む人はいる。しかし、ダイエットが目的だと慣れていない筋トレはつらい。筋トレは体をいじめる行為である。筋トレで筋繊維を壊し、回復時に筋繊維が増える。そしてまた筋トレで筋繊維を壊す。これの繰り返しだ。何がつらくてこんなことをしなくてはいけないのか。

だからといって、筋トレ以外の方法を採るのは得策ではない。一番に目標にたどり着けるまっすぐな道があるのに、曲がりくねったわき道に入ることはない。行きたい人は行けばいい。回り道をすることも人生で必要なのかもしれない。だが、私はダイエットで回り道しなくても、他ですればいいと思う。

そんなつらい筋トレに励むときには、やせたときの自分を想像しながらやるとつらさを軽減できる。人間、思いこみは大切だ。思いこみというのはマイナスの方向に行ってしまいがちだから、いいイメージがわかない。そんな思いこみをプラスの方向に活用してみよう。

具体的には、やせたときの自分がとる行動や起こるであろう現象を思い浮かべながら筋トレに励む。着ることができる服が増えるのでおしゃれをするだろう。運動していると体の調子がよくなるので、いつも元気で笑顔になるだろう。スタイルがよくなるので異性の視線を感じることが多くなるだろう。いい出会いがあるかもしれない。体が軽くなるので気分が良くなるだろう。

そんな自分を思いながら筋トレをすると、不思議とつらい気持ちにならなくなる。何でこんなことをしなくてはいけないのかと考える暇を与えないことがコツだ。やせたときに起こるであろうすべてのいいことを思うことで、筋トレ中のつらさを吹き飛ばしてしまおう。

いちど太ってしまうとなかなかやせないし、やせても継続していかなければやせた状態を維持できない。続けるにはつらさがあるとダメだ。思いこみによって、続けて筋トレすることを快適な状態にしてしまおう。あとは黙っていてもやせることができる。

健闘を祈る。

関連記事

ダイエットはみんなが避けて通る道を進め