Web閲覧中にPDFを見るならGoogleドキュメントビューア

WebでPDFを閲覧する場合はPDFをダウンロードするかクリックしてブラウザ内にAdobe Readerが起動して表示されるかのいずれかだが、どちらも遅くて快適に閲覧できない。Googleドキュメントビューアを使えば快適にPDFを閲覧できる。


官公庁や企業のホームページを見ているとPDFの資料に遭遇することが多い。PDFがWebのコンテンツとして向いていないことは前回の記事「PDFの使い方を間違えている」で書いたが、現実として存在しているからには閲覧せざるを得ない。

PDFを閲覧する場合は、ファイルをクリックすることでブラウザ内にAcrobatかAdobe Readerを起動させるか、右クリックによるファイルの保存でダウンロードしてからAcrobatかAdobe Readerを起動させるかのいずれかが一般的な操作だ。だが、このどちらの操作をしてもPDFの表示に時間がかかる。Adobe製のソフトの起動が遅いから仕方がないのだが、Web閲覧中はHTMLのページと同じぐらいの速さでレスポンスが返ってこないのはストレスだ。

そこで快適に閲覧できる方法としてGoogleドキュメントビューアがある。表示したいPDFのURLをコピーしたらGoogleドキュメントビューアにアクセスし、URLを入力して「リンクを生成」ボタンをクリックするといい。Googleドキュメントで見ることができるリンクが生成されるので「To view now, click here.」の「click here」をクリックすれば快適に見ることができる。リンクをコピーする手間がかかるが、Adobe ReaderもしくはAcrobatの起動時間を待ってさらにもっさりとした動作の中でPDFを閲覧するぐらいならこちらのほうがいい。

Google ChromeやChromiumまたはChronium派生ブラウザを使っている場合は拡張機能(Extention)を入れておくと右クリックのメニューからGoogleドキュメントビューアにアクセスできるので便利だ。拡張機能はDocs PDF/PowerPoint Viewer(by Google)にアクセスすればインストールできる。

GoogleドキュメントビューアはPDFのほかWordやExcel、PowerPointなどさまざまなファイルを快適に見ることができるのでお気に入りとしてブックマークに登録しておくか拡張機能をインストールしておくと便利だ。

関連記事

PDFの使い方を間違えている

カテゴリーIT