Bitcasaは容量無制限で年額99ドルのオンラインストレージ RAW対応! デジカメ好きは特におすすめ!

いくらでもファイルを保存することができて年間99ドルのオンラインストレージがあったら契約するしかないでしょう。1ヶ月間無料で使える招待リンクあり!

追記: あまりオススメできないサービスとなってしまいました。

Googleドライブから乗り換えました。

もともとGoogle Docsを使っていたのですが、Googleドライブになってから倍以上の値上げになって、ファイルの保存先をどうしようか悩んでいるところでした。過去の以下のような記事も書いています。

SugarSyncからGoogle Docsへの移行

Google Driveは値上げ! 旧Google Doscユーザーはつらい…

SugarSyncを使い始めたのはオンラインにファイルを保存しておきたくて、さらに同期してほしくなかったからです。Dropboxはオンラインにファイルを保存することができますが、自分のパソコンに同期してしまいます。最近のパソコンはSSDを搭載していることが多いので、容量はそれほど多くありません。同期するタイプのオンラインストレージでは都合が悪いのです。その点、SugarSyncは高機能で、同期することもできますが、Webアーカイブとして同期せずにオンラインにファイルをおいておくこともできます。

Google Docsに移行したのは安さでした。SugarSyncのように同期する機能がなかったりと高機能ではないですが、価格が恐ろしく安かったのです。ブラウザーからのアップロードでファイルを保存していましたが、私にはそれで十分でした。

ところが、このGoogle DocsがGoogleドライブにかわり、同期する機能が付けられたのですが、価格も倍以上になりました。また、支払いもGoogle Docsの頃は年額プランを選ぶことができたのですが、Googleドライブになって月額プランしかなくなってしまいました。以前の契約は維持されますが、容量が増えて新しく保存するプランをアップグレードするには、新しい料金体系の契約になってしまいます。すると安いからGoogleに移したのに、高い料金を払うのなら、まったく移した意味がなくなってしまいます。

同期なんていらないのです。ただ、ファイルの保存場所が欲しいだけなのです。料金は安いほうがいいのです。なので、Googleドライブをアップグレードするのは躊躇していました。だって、Amazon Cloud Driveよりも高いんだぜ(Amazon Cloud DriveとGoogle DriveとDropboxの比較)。

そんな中、Bitcasaというサービスを知りました。

もう、秒速で契約しましたよ。

容量無制限で年間99ドルって、文句のつけようがないですよ。

Webからもアクセスできますし、専用のクライアントアプリをインストールすれば、Bitcasa用のドライブができます。そのドライブからオンラインのファイルにアクセスすることができるのです。ファイルは同期されるのではなく、ダウンロードしたものがキャッシュとして保持される形式ですので、パソコンの容量を圧迫することもありません。

また、最近になってデジタルカメラのRAWファイルにも対応しました。実際に対応している形式は公式ブログ(If Photography or Music is Your Passion, We Have You Covered! | bitcasa blog)に掲載されています。

写真を撮るのを趣味としている人にとって、RAWがJPEGのように扱えるというのはとてもうれしいことです。これは、SugarSyncでもGoogleドライブでもできないことです。というか、オンラインストレージサービスでRAWをまともに対応しているところって、ほとんどないんじゃないかな。もう、写真好きは移行するしかないでしょ。

実際に使ってみると、気軽にファイルをオンラインストレージに預けることができるというのがこんなに気持ちのいいことだったのかと感じました。1年に1回99ドル払えば、あとどれぐらい容量が残っているかなんて気にしなくていいのですから。

クライアントアプリの操作感も悪くないです。Macですと、ドライブがFinderに表示されます。そこに保存したいファイルを放り込むだけです。

動きを見ていると、ファイルは一度キャッシュに保存されて、アップロードはバックグラウンドで実行されるようです。メニューバーのアイコンが動いているときはアップロードしているときで、アイコンをクリックすると残りどれぐらいをアップロードするのかの容量が確認できます。

なお、キャッシュの条件があるていど決まっているらしく、あまり大きいファイルをコピーし続けると、アップロードの速度にもよりますが、ファイルコピーが極端に遅くなります。

ファイルのアップロードの速度に関しては遅くはない印象です。

じゃあリスクはないのかというと、もちろん他のオンラインストレージサービスと同様のリスクとして、サービスが終了してしまうというリスクはあります。ただ、そのリスクはどのオンラインストレージサービスを使っていても変わらないのではないでしょうか。もちろん、規模の小さいサービスのほうがリスクは高いですが、あるていどの規模であればさほど変わらないリスクとなると思います。Googleドライブだって突然終了するかもしれません。Google Readerすら終わらせたGoogleですから。

容量無制限なのに安いのは不安じゃないのかというと、そこがBitcasaの肝となる部分で、世の中のオンラインのファイルの大半が重複しているので、重複削除によって容量に対するコストを抑えているそうです。あなたがアップロードするファイルのデータは誰かが既にアップロードしているから、重複する部分はひとつしか保存しなければ節約できますよということらしいです。

なお、10Gまでは無料で使うことができますので、使い勝手を試したかったらまずは無料でもいいんじゃないでしょうか。

最後に招待リンクを張っておきます。このリンクを経由すると容量無制限のプランが1ヶ月無料で使えます。もしよかったらどうぞ。

カテゴリーIT