SugarSyncからGoogle Docsへの移行

オンラインストレージサービスとしてSugarSyncを使っていたが、Google Docsに移行することを決断した。

オンラインストレージサービスは便利だ。少し割高だが、自分の大切なデータをサービス事業者のデータセンターに保存しておくことができる。自分でハードディスクを運用するよりも遥かに安全である。

いままでSugarSyncを使っていた。DropBoxというサービスもあるがSugarSyncを選んだのは、同期機能のほかにデータをただオンラインに保存しておくだけの「ウェブアーカイブ」という機能が気に入っていた。同期する必要がない、というより同期したくないデータを保存しておき、いざという時にアクセスするための領域が欲しかったのだ。常に手元にデータを置いておくのではなく、使用率の低いデータはどんどんオンラインにアップして、ローカルのストレージを有効に活用したかった。

だが、このたび、SugarSyncを卒業することにした。そして、Google Docsへの移行を決断した。理由は価格である。下の表を参照するとわかるが、Google Docsはストレージの年間使用料で大きなアドバンテージがある。

容量 Google Docs SugarSync
60GB $99.99
80GB $20
100GB $149.99
200GB $50
250GB $249.99
400GB $100
500GB $399.99
1TB $256
2TB $512
4TB $1,024
8TB $2,048
16TB $4,096

もう、なんだろう。

何というか、圧倒的な差というか、そりゃ移行したくなるよねという価格である。しかもプランも16TBまであるし、1TB以上のプランになると容量の増分も価格の増分もなぜか2進数で増えていくし、もう移行するしかないだろうという気持ちになった。

SugarSyncでは250GBのプランを購入していて、現在のところ160GBほど使用しているが、そのまま移行するとGoogle Docsでは200GBのプランになり、価格は5分の1となる。なんだか、悲しくなってきたというか、早くGoogle Docsに移行していればよかったと思う。

だが、SugarSyncを使い始めた頃は、Google Docsではアップロードできるファイルの種類が限定されていて、オンラインストレージとしては使えないサービスだった。だが、ファイルの種類の制限もなくなり、1ファイルごとの容量制限も10GBとなれば移行しても問題はない。10GBあればたいていのファイルは問題なく移行できるし、10GBもあるファイルなんてまれだ。

同期する機能はないものの、外部のサービスやアプリを駆使すればローカルのコンピューターと同期することもできるので、まあ不自由はないだろう。

なんだかGoogleに頼ることが多くなったものだ。

カテゴリーIT