Macでホームページを管理するためにCodaを導入

Codaはホームページを管理するのに最適なアプリケーションである。

それまでWindowsでホームページを作成していた。Windowsユーザーだったので当然だ。Macを購入してから、当然新しいコンピューターのほうが性能がいいので、ホームページの環境もMacに移したいと考えるようになった。そこで、ホームページを管理するために便利なアプリケーションがないかを探してみた。

WindowsではMicrosoftのExpression Webを使っていた。コードをメインとしたソフトウェアでWYSIWYGとは少し違うけど、きれいなコードを書きたい立場としては最適なソフトウェアだった。Expression Webのいいところは、ホームページへのアップロードまでサポートしているところだ。エディターでHTMLを作って、FTPでアップロードするのは別のソフトウェアでというのはちょっと面倒だ。ホームページの管理なら作成環境からアップロード、差分の管理までやってもらいたい。Expression Webはそれらを実現していた。

Macに移行したからこういう便利な環境がなくなるのもつらい。ホームページぐらいで起動に時間のかかる昔のモデルのコンピューターを立ち上げるのも面倒だ。新しく購入したMacで作成環境からホストへのアップロードまでやってくれるアプリケーションはないだろうか。探した結果、Coda(App Storeで購入可能)というアプリケーションを見つけた。

コードを書くことをメインにしていること、アップロードのステップまでできること、まさに要件を満たしていた。それにSubversionとの連携も含まれていたので言うことなしだ。Expression Webでは、Subversionとの連携はTortoiseSVNというソフトウェアを使っていたが、Codaでは自前で持っている。価格もExpression Webに比べればかなり安い。

これで安心してMacを使ってホームページを作成できる。

カテゴリーMac