Apple WatchからSuicaにチャージできる

Apple Watch Series 2ならiPhoneを取り出さなくても、直接チャージが可能です。

Walletアプリに有効なクレジットカードが登録されていれば、Apple Watchからチャージすることができます。JCBやMasterCardを登録しているなら、Apple Payで決済できるのです。

まずはApple WatchのWalletアプリを起動してSuicaを選びます。

Suicaカードオプション

カードオプションというところにある「チャージ」をタップします。

チャージ金額設定

金額を設定する画面が出てきます。「+」と「-」をタップするか、デジタルクラウンを回して金額を指定します。金額は100円単位で増減します。

Suicaチャージ金額設定

金額を指定したら「チャージ」をタップします。

Apple Pay

Apple Payとして登録しているクレジットカードが出てきますので、サイドボタンをダブルクリックすると決済されます。

決済

決済が完了するとコキンと音がしますので、しばらく待ちます。数秒です。

iPhoneを取り出さなくても、手首だけでチャージが完了するのは便利ですね。移動していて足りないと思ったら、電車に乗っているときに手首の上でチャージすればいいのです。