年末の大掃除 IT周りを整理せよ

クリスマスムードに浮かれている暇はありません。年末は大掃除の季節です。ITに関しても年末に大掃除をして、気持ちのいい新年を迎えましょう。ここでは大掃除すべき項目を挙げていきます。

不要なWebサービスを退会する

使っていないサービスを退会しましょう。1ヶ月以上ログインしていないサービスは、おそらく今後も使用することはないと思います。もし必要になったら、またアカウントを作成すればいいのです。ここは思い切って退会しておきましょう。

なお、Google Appsは無料版がなくなってしまいましたので、次に登録する場合は有料版のみとなってしまいます。無料版を使っているユーザーは既得権が認められますので、Google Appsをやめる場合は慎重に考えましょう。

SNSのフォローを整理する

TwitterのフォローやFacebookの友達、Google+のサークルなどを整理してみましょう。フォローしたものの、それほど交流していなかったり、情報として必要としていなかったりした場合は、思い切ってフォローを外しましょう。フォローしたアカウントが3ヶ月以上情報を発信していなければ、フォローを外してもいいでしょう。必要になれば、またいつでもフォローすることができます。

Twitterのフォローに関しては「ManageFlitter」を使うと便利です。

不要メールアドレスを整理する

ひとりで複数のメールアドレスを持つことが当たり前の時代となった現代だからこそ、不要なメールアドレスを見直す必要があります。使っていないメールアドレスはアカウントを削除しましょう。Webメールに移行を終えたキャリアメールや使っていないプロバイダーのメールを削除していきましょう。

なお、プロバイダーメールに関しては、メインのひとつは残しておいたほうがいいかもしれません。まれに、「フリーメールはご利用いただけません」という時代錯誤な企業のサービスを使う必要があるかもしれません。そんなときは、プロバイダーのメールを登録して、GmailなどのWebメールに転送することで一元管理することができます。

メールを整理する

ため込んだメールを整理しましょう。終わった用件のメールを削除したり、必要な情報をラベル付けやフォルダー分けしたりしましょう。メールの中で一部の情報のみが必要な場合は、Evernoteなどに写してメールそのものを削除するのも手です。

不要なメールマガジンを停止する

登録してみたものの、受信トレイに来たらすぐに削除したりアーカイブしたりしているメールマガジンはありませんか? そんなメールマガジンは停止しましょう。無料のメールマガジンでも削除しておきましょう。メールが来てもどうせ読まないなら、ひとつひとつ削除する手間が省けます。

ブックマークを整理する

ブックマークも整理しましょう。Webページを見ていて、おもしろそうと思ってお気に入りに登録したものの、その後アクセスしていないというブックマークは意外に多いものです。ざっくりと削除してしまいましょう。いざとなればまた検索すればいいのですから。

未使用のアプリを削除する

使っていないアプリケーションを削除しましょう。アプリケーションは入れているだけでも容量を使いますし、ものによってはバックグラウンドで動作していたりします。するとパソコンのパフォーマンスにも影響します。不要なアプリケーションを削除することで動作を速くすることもできます。

MacならApp Storeからダウンロードしたものであれば、有料のものでも再ダウンロードは無料でできます。Windowsなら、ソフトウェアごとにダウンロード方法を調べておいたり、インストーラーを保存しておけば再びインストールすることができます。

古いソフトウェアCD-ROMを廃棄する

CD-ROMで購入したソフトウェアを廃棄しましょう。バージョンアップ版を使っていて、インストールするときに昔のバージョンのCD-ROMが必要になってくる場合もありますが、それ以外の場合はCD-ROMは不要でしょう。どうしても迷うなら、ISOファイルで保存しておけば、物理メディアであるCD-ROMは廃棄できます。

Evernoteを整理する

Evernoteのノートを整理しましょう。分類したり削除したりします。あるいは、分類方法を見直してみたり、Evernoteに登録するまでの情報の流れを変えてみたりするのもいいかもしれません。ノートブックやスタックを変えてみたり、タグをふり直してみたり、細分化したりしてみると、いままで以上に情報が見つけやすくなるかもしれません。

あとで読むを削除する

Pocketなどのあとで読むサービスを使っている場合は、年末の段階で一度リセットすることをおすすめします。いまのいままで読まなかったあとで読むは、もう二度と読まないです。この段階ですべて削除してしまいましょう。

ToDo・タスクを削除する

ToDoサービスやタスク管理サービス、ツールを使っている場合は、そこで登録しているタスクを削除しましょう。いままでやらなかったことは、今後もやらないでしょうし、いままでやらなくて回ってきたということは、そのタスクは少なくとも現時点では必要がありません。年末で一度リセットしましょう。

クラウドストレージを整理する

クラウドストレージは物理的なストレージほど意識しないことが多いですが、いらないデータは削除しておいたほうがいいです。もしかしたら、料金プランを下げることができるかもしれません。料金プランを下げないまでも、ストレージの容量を空けておくことで、来年新しいファイルを登録することができます。しっかりと整理して賢く使いましょう。

未使用のガジェットを廃棄する

使っていないガジェット、パソコン周辺機器は廃棄してしまいましょう。勢いで買ってしまったけど使わないガジェットって結構多いはずです。使わないけど取っておくことは、勢いで買ってしまったものに対して、買ったことを正当化する行為に他なりません。「使わないのに買ってしまった」ということを認めて廃棄しましょう。そして、来年は同じ過ちを犯さないようにしましょうね。

未使用パソコンを廃棄する

使っていないパソコンは廃棄しましょう。仮想環境で構築したマシンも、いらなければ削除することで容量を確保することができます。パソコンはリサイクル法の絡みがありますので、廃棄方法をしっかり調べましょう。メーカーのホームページに行けば、型番ごとに捨て方が書いてあります。有償になることもありますので、適切な手順で捨てるようにしましょう。

まとめ

来年を気持ちよく迎えるために、今年の無駄は今年中に始末してしまいましょう。ちょっとでも迷った場合でも間髪入れずに始末する。こういうのは思い切りが大切です。

その気になる準備が必要でしたらこちらの本がおすすめです。

風水整理術と書いてありますが、風水を信用していなくても、いらないものを捨てる気にさせてくれる本です。私はこの本でかなりのものを捨てました。最後まで読み終わる前に片付けたくなること請け合いです。

気持ちいい新年を迎えましょう。

カテゴリーIT