耳かきに気をつけろ!

安易に耳かきを手に取ってはいけません。手に取ってしまったが最後、なかなか抜け出せないことになってしまいます。ご利用は計画的に!

毎日、耳かきを手に取ってますか?

耳かきをしていますか?

風呂上がりの耳かきって最高ですよね?

でも、耳かきを毎日するのはよくないようです。そもそも耳あかは自然に排出されるので、ほとんどの場合は耳かきが必要ないそうです。耳かきをやり過ぎると内側の皮膚を傷つけてしまう恐れもあります。そうなってしまうと医者にかからなくてはいけなくなってしまいます。

でも気持ちいいんですよね、耳かきって。

そこで、毎日耳かきをしないための指針を書いてみたいと思います。

耳かきを捨てる

もう、荒っぽいけどこれしかないんじゃないでしょうか。耳かきが存在しているから耳かきをしてしまうのです。耳かきが存在していなければ、耳かきをしようがないわけです。だから、耳かきをしてしまう悪の元凶である耳かきそのものを捨ててしまえば、耳かきをしなくなるわけです。

もし我慢できずに買ってしまったら、パッケージをあける前に捨てる!

これですよ。

綿棒を捨てる

綿棒もダメです。あれば使ってしまいます。しかも、綿棒は耳あかを奥に押し込んでしまうので、耳かきとして使うのはよくないという話も聞きます。じゃあ、綿棒も捨てようと。

ただ、綿棒は他の医療用で使う場合もあるかと思います。そんなときのために、綿棒を少しとっておくのはいいでしょうか、張り紙をして「医療用! 耳かきに使ったら殺す!」などと自分で書いておくといいかもしれません。

1ヶ月我慢できたらひざまくら耳かきに行くなどご褒美制にする

人間、我慢しているだけでは目標は達成できません。目標達成時のご褒美を設定することで、人は高みに登っていけるのです。耳かきを1ヶ月我慢することができたら、若いおねえさんがひざまくらで耳かきをしてくれるところに行く、もし女性なら彼氏やイケメンの友達にお願いしてみる、などとご褒美として耳かきをすることで、また1ヶ月がんばるぞという気力もわいてくるものです。

いざ、実行

ここまで指針を決めたら、あとは実行あるのみです。

毎日耳かきをしないために、いま挑戦中です。

まだ3日目ですけどね。

結果は追って報告できたらいいなと希望しています。