道具は使ったら片付けるの繰り返し

道具は使ったら片付ける、使ったら片付けるの繰り返し。使ってすぐに片付けたら部屋は散らかることはない。

部屋が片付けられない人がいる。きれいな部屋もしばらくすると物であふれかえってしまう。そして、いつも何かを探している。探し物がどこにあるかわからない。でも、この部屋のどこかにあるという信念のもと探す。あきらめて買ってしまうと、また部屋に余分なものが増える。

片付けられない人は時間を無駄に過ごすことが多い。探す時間が多いからだ。ちょっとしたことに使いたい道具を探すのに多くの時間を費やすと、それだけで疲れきってしまう。本来やるべきこともやる気がなくなってしまう。

道具を使ったときに片付けているだろうか。またすぐに使うからといってそのままにしていないだろうか。実は、これが部屋に物があふれかえってしまう原因となっている。またすぐに使うからそのままにしておくということをあらゆる道具で実践すると、あらゆる道具がその辺にあふれかえり、見つけたい道具が見つけられなくなる。

道具は使ったら片付ける、使ったら片付けるの繰り返しである。

また”すぐに使うかも”という発想はやめよう。たとえ5分後に使うかもと思っても片付ける。そもそも、道具は使ったら片付けるを繰り返して使うものだ。使ってすぐに所定の位置に片付ければ、探さなくても決められた場所に行けばその道具がある。だから、使ったらすぐに片付けるほうがまたすぐに使えるのだ。面倒だと思うかもしれないけども、どこにいったかわからなくなって探しまわる面倒さとどちらが面倒かを考えれば、自ずと答えは決まってくる。

道具は使ったら片付けるの繰り返し。

これを心がければ、部屋は散らからないですむ。