お湯の揺らぎ

安らぎのひとときに感じる恐怖とは。

湯船にゆっくりと体を沈めていき、フーと一息つくと全身がほぐれていく。

風呂は癒しのひととき。

脱力感の中で目を閉じると身も心もほぐれていく。

そんなときに恐怖感からはっと目を見開いてしまうことがある。

大丈夫だ、揺れてはいない…

吊るしてあるタオルを見て、建物そのものが揺れていないことを確認する。

だが、もう目を閉じる気はしない。

あれから2年が過ぎたけど、身も心も揺れに敏感になっている。

大地震は人々の心に恐怖を植え付けていった。

日本が本当に地震から立ち直るのはまだまだ先なのかもしれない。

そんなことを思いながら湯船のお湯をすくい顔を洗った。