フォロー返しをやめると雑音が減る

Twitterでフォロー返しをしていると、そのうちタイムラインを追うのが大変になってきます。自分が必要な情報を発信している人をフォローしましょう。

Twitterはフォローするとフォロー返しをしないといけないと思っている人がいます。せっかくフォローしてくれたんだから、フォローを返さないのは礼儀に反すると主張する人もいます。

でも、そんなことはありません。

自分がフォローしたい人だけをフォローすればいいのです。

では、自分がフォローしたい人というのはどういう人のことでしょうか。それは、自分が必要とする情報を発信する人、自分がおもしろいと思うツイートをする人です。フォローしてくれたからといって、つまらないツイートをする人をフォローする必要はありません。自分が楽しいと思える人をフォローすればいいのです。

膨大な人をフォローしている人は、一度フォローを見直すことをおすすめします。

コミュニケーションを取っている人か自分がおもしろいと思える情報を発信する人じゃなければ、遠慮なくリムーブすればいいのです。タイムラインに流れてくるツイートが減れば、Twitterに費やす時間も少なくなり、本来やるべきことに時間をまわすことができます。Twitter中毒なら、少しはましになるかもしれません。

Twitterは自分が情報を発信し、そして受け取るツールです。ツールに流される生き方よりも、ツールを有効に活用する生き方をしていきたいものです。Twitterばかりやっていて勉強や仕事がおろそかにならないようにしたいものです。

カテゴリーSNS