鼻毛バサミのほうが電動鼻毛カッターよりもいい理由

電動鼻毛カッターから鼻毛バサミに乗り換えました。電動鼻毛カッターを使っていて手間に思える部分があったからです。

大手電機メーカーの電動鼻毛カッターを使っていました。

スイッチを入れれば電動でカッターの刃が回転し、鼻に入れればどんどんと鼻毛がカットされていくのはなかなか爽快です。この電動鼻毛カッターをずっと使っていたのですが、あることに疲れてしまい、鼻毛バサミを使うようになってしまいました。

電動鼻毛カッターはメンテナンスが面倒であるということに気づいたのです。

鼻毛をカットするときは楽なんですが、そのあと分解して洗わないといけないのです。分解して洗剤で洗って、また元通りに組み立ててというプロセスが面倒でなりませんでした。これが鼻毛バサミであったら、刃のほうをちょっと拭くだけで終わりです。まあ、しばらく洗わないというのもひとつの考え方ではありますが、私はどうも毎回洗わないと気がすみません。

それに電動鼻毛カッターは小回りが利きにくいので、鼻毛が生えている位置によってはカットしづらかったりします。そういった面でも鼻毛バサミのほうがいいなと思い、電動鼻毛カッターから移行しました。

購入したのはツヴィリングの鼻毛バサミ。どうせ買うなら長く使うのでいいものを手に入れようと思い有名どころの鼻毛バサミにしました。これ、日本で普通に買おうと思うと7,000円ぐらいしてかなり躊躇します。ところが、amazon.comで$35(約3,500円)で送料込みでも$48.07(約5,000円)で売っていましたので、こちらで買うことにしました。

やっぱり、物はシンプルなほうが使いやすいですね。