ScanSnap iX500のWi-Fi(無線LAN)接続が便利すぎる!

ScanSnap iX500はWi-Fi接続ができます。設定しておけばUSBケーブルを使わなくてもパソコンやタブレットにスキャンしたデータを送ることができるので便利です。

ScanSnap iX500を使って金融機関の明細や給与明細、書籍、身の回りのちょっとした紙の書類をスキャンして電子化しています。

ScanSnap iX500はWi-Fi接続機能があり、スマートフォンやタブレットのアプリでスキャンしたファイルを取り扱うことができるので、Wi-Fi接続の設定をしていました。

ところが、いままでScanSnap S500(かなり昔のモデル)を使っていたので、パソコンでスキャンするときはUSBケーブルを接続するという流れが体に染み付いていて、スキャンするときはUSBケーブルを何気なく無意識に接続していました。

最近になって、「あれ? これって無線でいけるんじゃね?」ということにふと気づいて無線LANで接続してみたところ、読み込みスピードも変わらず、USBケーブルで接続したときと同じようにスキャンできて、これは便利じゃんと思った次第であります。

むしろ、なんでいままで面倒なUSBケーブルの取り回しをやっていたのだろうと。デスクトップであればUSBケーブルさしっぱなしでもいいのかもしれませんが、MacBook Proなので普段はUSBケーブルを抜いていて必要なときだけつないでいたのです。

もう、USBケーブルをつなぐ作業をしなくてもいいことに改めて感動しました。

ScanSnap iX500のWi-Fi接続、便利っす!

カテゴリーIT