元Androidユーザーが語るiPhone最大のメリットとは

初めてのスマートフォンがAndroidの端末だったユーザーが、iPhoneにして感じた最大のメリットとは!

iPhone 5からiPhoneユーザーになったkosuketyです。

iPhone5は発売された当日に購入しました。購入する前まではそれまで持っていたAndroidの端末XPERIA X10(ドコモ名SO-01B)を平行で使っていこうと考えていましたが、iPhone 5のあまりの使いやすさと、ソフトバンクのつながりやすさから1ヶ月もしないうちにドコモを解約してしまいました。

そして今日までiPhone 5を使ってきてしみじみと思うこと、iPhoneユーザーになった最大のメリットだなと感じることがあります。

それは、次から次へと発売される多種多様な機種に惑わされないことによる精神的な安定です。

Androidは複数のメーカーから複数のモデルが発売されます。発売時期も1年に1回とかではなく、立て続けに発売されます。ユーザーは複数の機種から自分のお気に入りを見つけなくてはいけません。スペックを比較したり、発売時期を見て、そろそろ次期バージョンのものが発売されないかどうかを気にしたり、買ったあとで次のバージョンが発表されたら「ああ、もう少し待てばよかった…」と落ち込んだり、精神的に惑わされることが多くなります。

iPhoneの場合は、iPhoneを買えばそれで終了です。メーカーもAppleしかありませんし、機種もiPhoneしかありませんのでシンプルです。選択肢がないといえばそうなのですが、迷わなくてもいいというメリットは大きいです。さまざまなメーカーのさまざまな機種を比較する時間を使わなくてもいいのです。

また、スマートフォンを購入するとキャリアでは基本的に2年縛り契約になります。Androidの端末では、2年間、次々と発売される機種に悶々としなくてはいけません。しかし、iPhoneだと早くても年に1回なので、新しく機種変するにしても、いま持っているiPhoneを使い続けるにしても、悶々とするのは1回ですみます。常日頃から悶々していなくてはいけないか、最低でも年に1回だけ悶々すればいいのかでは、精神的な安定は後者のほうが遥かにいいです。

人によって感じ方はいろいろありますが、私はiPhoneにしてよかったと感じています。

スマートフォンってなんかいろいろあってよくわからないという人には、ぜひiPhoneをおすすめしたいです。