ネットワークドライブのパスをメールで送るのはやめるべき

Windowsで、ファイルのある場所をメールなどで共有するときに、ネットワークドライブのパスを送る人がいますが、いますぐやめたほうがいいです。


受け取った人は、おそらくこう思うでしょう。

お前のZドライブがどこか知らねーよ!

ネットワークドライブは、どのファイルサーバーで、どの共有ファイルかはコンピュータごとに異なります。フォルダーの階層も自由で、一番上の階層でネットワークドライブを作ることもできれば、サブフォルダーで作ることもできます。

みんな同じではないのです。社内のルールとして同じに設定しているというのであれば問題はないですが、そうじゃない場合は、必ずしも自分と同じ設定になっていると思わないことです。

ファイルサーバーなどのパスを共有するときは、円マークふたつ「¥¥」から始まるサーバー名から指定してあげると、正確に相手にパスを伝えることができます。どのフォルダーをネットワークドライブにしているかはエクスプローラーから確認できますので、そのパスから指定します。

ネットワークドライブのドライブレター「Z:」を、エクスプローラーで確認できるパスに置き換えてから伝えるといいです。

以上、Windowsでネットワークドライブのパスを相手に正確に伝える方法でした。