Excelで絶対参照と相対参照をサクッと切り替えるF4

Excelで絶対参照と相対参照をサクッと切り替える便利なショートカットを紹介します。

まあ、タイトルに答えが書いてあるのですが、F4を使うことで簡単に絶対参照と相対参照を切り替えることができます。

Excel

まずはセルに「=」を入力して数式の状態にします。ここで他のセルを選択すると、セルの列と行が並んで入力されます。この状態で「F4」キーを押します。

Excel

すると列も行も「$」が自動で付与され、どちらも絶対参照となります。さらにこの状態で「F4」を押します。

Excel

今度は行のみが絶対参照となります。さらに「F4」を押します。

Excel

今度は列のみが絶対参照となります。さらに「F4」を押します。

Excel

元に戻ります。

絶対参照にする時に、いちいち「$」をを入力しなくてはいけなかったのですが、この方法ならサクッと絶対参照と相対参照を切り替えることができます。

Excelって奥が深いですね。