耳かきを我慢して2週間が過ぎた

耳かきを我慢して2週間が過ぎました。このまま1ヶ月までもっていけそうな勢いです。

以前、「耳かきに気をつけろ!」で毎日耳かきをしている状態をやめるための指針を書きました。特に風呂上がりの耳かきが気持ちよくて、毎日お風呂に入っては耳かきを続けていました。風呂上がりの耳かきが一番よくないという話を聞いて、また耳かきを毎日するのはよくないということでしたので、毎日耳かきをやめようと誓いました。

あれから2週間が経過しましたが、なんと耳かきをしない状態を続けることができています。お風呂から出てきたあとで、無性に耳かきをしたくなるタイミングがあります。そこさえ乗り越えることができれば、あとは何とかなることがわかりました。

このまま耳かきをあまりしない人になることができれば、病気になりにくい健康的な耳になることができます。毎日耳かきをすると耳鳴するようになったり、カビが生えてきたりするそうなので、気をつけたいところです。

さて、前回の記事「耳かきに気をつけろ!」の「耳かきをしないための指針」のなかで、ご褒美制にするという指針を提示しました。1ヶ月我慢できたらご褒美を与えるというものの中に「ひざまくら耳かき」をあげましたが、もうふたつのご褒美を思いつきましたので、今回はそれを紹介します。

ひとつ目はイヤーエステです。ひざまくら耳かきというと、どうしても若いおねえさんのひざまくらになりますが、耳かきの技術でいえばちゃんとした訓練を受けた人には劣るわけです。どうせ耳かきに行くならしっかりと訓練された人にしてもらうのがいいのではということでイヤーエステを候補に挙げました。

ふたつ目は耳鼻科による治療としての耳あか除去です。耳あかは耳鼻科で除去することができます。毎日耳かきをやめることができた暁として、耳の健康診断という意味でも一度は耳鼻科に見てもらうのがいいかなと思いました。何しろ医療行為ですから保険適用になります。それに癒されるか癒されないかは別にして、耳あかの除去という観点からいえば、ひざまくら耳かきやイヤーエステよりも完璧なはずです。医療行為として耳あかの除去を行う耳鼻科以上に耳をきれいにできるところはないはずですから。

あと3週間、結果は追って報告できればと思っています。