Mac版Adobe Revelでライブラリが最新に更新されないときの対処法

【追記 2015/11/20】 Adobe Revelは2016年2月23日で終了となります。

【2016年2月23日まで】Adobe Revel終了のお知らせ!

Mac版のAdobe Revelアプリでライブラリが最新に更新されないときに遭遇しました。その時にとった対処法を公開します。

Adobe Revelはクラウドに写真を保存しておくのに便利なサービスです。

最近はiPhoneからアクセスすることが多く、パソコンからアクセスすることはほとんどありませんでした。パソコンからアクセスする用事ができて、久しぶりにアプリを起動してみるとライブラリが古いままの状態です。

ライブラリのステータスをみても「ライブラリは最新です」と表示されるものの、表示されているライブラリの内容は古い状態のままです。更新するコマンドもメニューには見当たらず、更新することができませんでした。

そこで、アプリを一度終了させ、「ピクチャ」フォルダ内の「Adobe Revel」フォルダをフォルダごと削除しました。

「Adobe Revel」フォルダ内には「Adobe Revel Library」というパッケージがあり、これが1.2GBぐらいのサイズをとっていましたので、おそらくここにライブラリのキャッシュが保存されているのではというもくろみで削除したのです。

このもくろみは的中して、Adobe Revelを再び起動したらライブラリに写真が表示されていない状態から同期が開始しました。

同期が終了したらライブラリに最新の写真も表示されるようになりましたし、同期後の「Adobe Revel Library」のサイズも220.7MBとコンパクトになりました。過去にアップロードしたりダウンロードしたりした際のキャッシュがすべてクリアになってすっきりしたのでしょうか、サイズも節約することができました。

MacでAdobe Revelアプリを使っていて、ライブラリが最新にならないとか、「Adobe Revel Library」のサイズがでかすぎでストレージを圧迫しているとか、そんなときは「Adobe Revel Library」を一度削除してみるといいかもしれません。

カテゴリーMac