【2016年2月23日まで】Adobe Revel終了のお知らせ!

写真を無制限に登録できるAdobe Revelが終了のお知らせを送り付けてきました。米国時間の2016年2月23日以降は利用できなくなるそうです。


本日、Adobeから「Important notification – Download your Revel photos and videos now.」というタイトルでメールが届きました。Adobe Revelが2016年2月23日以降は利用できなくなるので、いまのうちにファイルをダウンロードしておいてくださいとの案内です。

Adobe Revelのページにも案内が出ていました。

Adobe Revel

Adobe Creative Coludフォトグラフィプランに移行してくださいとの案内です。

案内のページには、

アドビでは、お客様が、ご自分の世界観を反映したすばらしい写真を作成できるように取り組んでおり、1 年以上前に Adobe Creative Cloud フォトグラフィプランを導入しました。このプランは、お客様がどこにいても写真を整理、変換、共有するために必要なすべてのツールやサービスを提供するメンバーシップです。

とか、

アドビでは、お客様が Creative Cloud フォトグラフィプランに参加いただき、すばらしい作品を作成されることを楽しみにしています。

と書かれていますが、ぶっちゃけ「定額で無制限に写真を保存するのは厳しかったけど、Microsoftが勇気ある行動をしてくれた(OneDriveで無制限をやめた)ので、このビッグウェーブに乗って、うちもやめるよ!」とのことでしょうね。

Adobe Revelは機能追加がほとんど行われていなかったこともあり、うすうす遠からずにこうなるだろうなとは思っていました。

まあ、Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランは契約中で、実は近々にでもコンプリートプランに乗り換える予定だったので、プラン云々はいいのですが、ファイルを保存しておくところがなくなってしまいます。

ファイルの保存領域に関してはこんな感じです。

Revel CC フォトグラフィプラン CC コンプリートプラン・単体プラン
無制限 2GB 20GB

はっきりいって、20GBじゃぜんぜん足りません。私はいま、Adobe Revel上に373GBの写真とビデオを保存しています。フォトグラフィプランの2GBではお話になりません。何がフォトグラフィプランに移行しましょうですか。Adobeのページに追加ストレージを購入する方法も見当たりませんでした。20GB以上はファイルを保存できないのだとしたら、まったく使い物になりません。

ちなみに、アカウントのページにログインしてみたら、以前はあったAdobe Revelのプランは消えていました。

ということで、オンラインストレージ・ジプシーを再びしなくてはならなくなりました。写真の保存はすべて信頼してAdobe Revelに任せていたので、正直、もうAdobeにはファイルは渡したくはないなと思っています。

とりあえず、サービス終了日前にダウンロードして、Office 365 Small Business PremiumのOneDrive for Businessの1TBの中に入れておこうと思います。しばらくはOffice 365でいいかなともう思い始めてますが、MSのことなので、またストレージ容量を減らされる可能性も否定はできません。

もっと、ちゃんとしたところってないんでしょうかね。

カテゴリーIT