Office 365の契約更新はギリギリがおすすめ!

Office 365の契約更新案内が来たので更新してしまいましたが、ちょっと損をしてしましました。

追加: 認識違いがありましたので修正記事を書きました。

Office 365で別のプランに前倒しで変更しても利用していない期間の返金がある

Small Business Premiumユーザーは移行が必要

Office 365 Small Business Premiumに契約している状態から更新する場合、別のプランに移行する必要があります。Office 365 Small Business Premiumはすでに終了しているので、新しく用意されたOffice 365 Business Premiumを契約することになります。

Office 365 Small Business PremiumとOffice 365 Small Business Premiumの違いは中小規模ビジネス向けの新しい Office 365 プランへの移行に記載のある通りですが、Accessが利用できなくなる代わりに、Yammerというプライベートソーシャルネットワークが利用できるようになることが一番大きなところでしょうか。あと、本当に企業で使っている場合はActive Directory同期がサポートされるようになるのはうれしいかもしれません。

私の場合、個人でMacを使っていますので、Accessの恩恵を受けることができないので、この部分では特に大きく困ることはありませんでした。

契約更新すると更新日が変わるぞ!

Office 365 Small Business Premiumでは年額16,320円、Office 365 Business Premiumも同額で料金も変わらず(税別)。更新する条件としては何も問題はありません。MicrosoftからメールでOffice 365を更新しましょうというアラートが来たので、早速更新することにしてみました。

更新作業は難なく終了したのですが、あっと気づいたことがあります。それは、契約を更新すると、古い契約が無効になって新しい契約が始まるということです。つまり、古い契約の残り日付に追加されて、古い契約の終了後に新しい契約が始まるわけではないのです。私の場合、古い契約が57日も残っていましたので、新しく契約更新することで57日分、損したことになります。

みなさん、Office 365の契約更新はギリギリ、できれば契約が切れる当日に行うのが強烈におすすめです。