デジタル一眼レフカメラのグリップのゴムのべとつき除去

デジタル一眼レフカメラのグリップ部分のゴムがべとついてきました。なんとかべとつきを除去したいと試行錯誤してきれいになりました。

冒頭の画像のように初代EOS Kiss Digitalのグリップのゴムがべとついてきました。ゴムなので経年劣化の結果なのでしょう。仕方ないといえば仕方ないですが、なぜ長く使うようなカメラの部品に劣化するゴムを使うのかとも思います。まあ、メーカーにとっては買い替えてもらいたいのでしょうが、こちらは長く使いたいのです。

かといってそのまま使うには支障が出るぐらいのべとべとです。グリップを持つと溶けたゴムが手について汚れてしまいます。普通にティッシュペーパーで拭けば、ティッシュの粉がついてしまいますし、普通のウェットティッシュで拭いてもべとべとは取れません。

カッターでグリップ部分のゴムを除去する作業中

下の方からカッターでゆっくりとこそぎ落としていくことにしました。とはいっても半分ぐらい溶けだしているゴムです。なかなかきれいの落とすことはできません。めげずに作業を続けていくものの、どうしても粘着性のあるゴムが残ってしまいます。

こうなると、アルコールかなんかで拭いて、いっそうのことゴムをすべて溶かしてプラスティックむき出しで使ったほうがいいのですが、手元にアルコールはありません。

便座除菌クリーナーでグリップを拭く

しかし、アルコール含有量が高い小林製薬の便座除菌クリーナがありました!

さすがは便座除菌クリーナーです。何枚か使いましたが、あれほどひどかったゴムもあっさりと拭き取れてしまいます。小林製薬の便座除菌クリーナがこれほどカメラの掃除と相性がいいなんて誰が想像したでしょうか。

グリップの劣化ゴムを拭き取った初代EOS Kiss Digital

おかげできれいさっぱりしました。

プラスティックむき出しになりましたが、べとべとしているよりかは大分ましです。これでこのデジタル一眼レフカメラもしばらく使えそうです。

カメラに限らず、何らかのゴムの部分が劣化して拭き取りたいなら小林製薬の便座除菌クリーナがおすすめです!