iPhoneのApp Storeで更新のバッチが消えないときの対処法

iPhoneのApp Storeで更新アプリがある際に表示されるバッジが、アプリが更新されても消えないときに試したい対処法を紹介します。

何かのタイミングで、App Storeのバッジが残ったままになったことがあります。私の場合はアプリが更新し終えたタイミングでApp Storeを開いたときに残ってしまいました。別にそういう状況を狙って開いたわけではないのですが、たまたまApp Storeを開いた時にアプリの更新が終了し、ホームボタンでホーム画面に戻ってみたらバッジが消えていませんでした。

必ず同じタイミングで事象が起こるかどうかはわかりませんが、更新するアプリがないのにもかかわらず、アプリ更新件数のバッジが表示されたままになってしまったのです。

バッジを消すために試したことはこんな感じです。

  • App Storeアプリ強制終了。
  • iPhoneの再起動。
  • 設定の通知からApp StoreのバッジのON・OFF。

いずれの場合もバッジを消すことができませんでした。

途方に暮れていたのですが、App Storeのアップデートのところを見てみると、アップデートの保留となっているアプリがあります。アップデート自体はされているので、「アップデート」ボタンは「開く」ボタンに変わっているのですが、すぐ上のアップデートの日付が書かれている部分が保留となっていました。

App Storeの更新したアプリが保留になっている状態

上の画像のような状態です。

ここで保留となっているアプリを削除してみたら、ようやくバッジを消すことができました。もちろん、削除したアプリは再度ダウンロードし直しています。

結果として、App Storeのアップデートで保留項目に入っているアプリの再インストールで直すことができました。

アプリ自体に情報を保存してるタイプのアプリでは、アプリの再インストールは気軽に行うことができませんが、今回は削除しても別に問題がないものでしたので、再びインストールし直した次第です。