iPhoneで予測変換候補の表示が重なるようになったときの対処法

iPhoneを使っていて、予測変換の候補が重なって表示されるようになりました。そのときの対処法を紹介します。

iPhoneを使っているときに、とあるアプリで日本語を入力しようとしたとき、予測変換の候補が重なって表示されることに気がつきました。

重なって表示された予測変換候補

「あ」と入力すると「iPhone」と「朝」という候補が重なって表示されているのがわかります。

これはDraftsというアプリを使用したときに、このような表示になりました。念のため他のアプリでも試してみましたが、重なって表示されるのはこのDraftsというアプリだけのようです。

Evernoteの予測変換候補の表示

Evernoteでは正しく表示されます。

Spotlightでの予測変換候補の表示

Spotlightでも正しく表示されます。

メモでの予測変換候補の表示

メモでも正しく表示されます。

このことから、OS自体がおかしくなったわけではないということがわかりました。なので、OS再起動ではなくアプリの再起動を試してみることにしました。

予測変換候補が重なったアプリを強制終了

ホームボタン2回押しで、Draftsを上にスワイプすることでアプリを強制終了。

復旧した予測変換候補の表示

強制終了後、再びDraftsを起動したら、正しく予測変換候補が表示されるようになっていました。

キーボードに関わる部分なので、iOSがおかしくなったのかなと一瞬焦りましたが、どうやら固有のアプリの問題のようです。Draftsのようにキーボードの上に独自のボタンを設定していたりするアプリがそうなるんでしょうか。この辺は開発者ではないのでわかりませんが、ただキーボードを表示するだけで予測変換候補がずれるのであれば、他のアプリでもずれてもいいはずのあので、たぶんそうなのでしょう。

ということで、予測変換候補の表示がずれたらそのアプリを再起動すると復旧するという話でした。

Drafts 4 – Quickly Capture Notes, Share Anywhere!
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,200
Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料