ATOK for iOSがリリースされたようだが

iOS向けにATOKがリリースされましたが、私はいまのところことえりを使い続けようと思っています。

iOSで変換辞書としてあの有名なジャストシステムのATOKがiOS向けにリリースされました。ATOKはWindowsの頃からユーザーで、Macに移行してからもしばらく使っていましたが、変換のときにちょっともっさりした感じがあったこと、変換の精度が期待値以上でなかったこともあり、デフォルトのことえりの辞書を育てていくのが一番いいかなという結論に達して使うのをやめた経緯があります。

ATOKからことえりに戻してみた

現在、ことえりでもそれなりに変換はできていますし、ATOKといえど誤変換が続くと学習情報をクリアしていましたし、それなら最初からついている無料のIMEをどれだけ使いこなせるかにチャレンジしたほうがいいかなと思った次第です。

なので、今回リリースされたATOK for iOSには手を出していません。iOSの使用上、インライン変換ができないそうで、インライン変換できないIMEの使いづらさはひどいものがあります(たまにWindowsで海外製のソフトでインライン変換できないやつあるよね)。

各IMEベンダーはAppleの制約の中でよくがんばっているとは思いますが、iPhoneだけでなくiPad、Macとの連携を考えると、いまのところはことえりなのかなと思っています。