恋しいカメラロール

iOS 8にアップグレードすると写真アプリからカメラロールがなくなりました。デバイスごとにどの写真を撮影したかがわかりづらくなり、写真を管理しづらくなりました。

追記: アップデートにより復活しました。

愛しのカメラロールよ

ああ、カメラロールよ…

愛しのカメラロールよ…

なぜ、お前は私の前から姿を消したのだろうか…

何も言わずにお前がいなくなってから、私の心にはぽっかりと黒い穴が空いてしまった。

お前はいつも撮影した写真や動画をただ何も言わずに保存しておいてくれたね。写真がフォトストリームにアップロードされようがされまいが、撮影したデバイスのみの写真を、撮影した順に並べておいてくれたね。

お前のような器量好しはもう私の前にはいない…

カメラロールがなくなって困ったこと

iOS 8にアップグレードすると写真アプリでカメラロールがなくなります。カメラロールがなくなった代わりに、従来のアルバムのところには「最後に追加した項目」というやつと「最近削除した項目」が出てきます。

「最後に追加した項目」に撮影した写真がたまるのかと思いきや、どうもそうではなく、すべてのiOSデバイスで撮影した写真、SDカードなどからiOSに読み込んだ写真がすべて表示されます。どうも、フォトストリームにある写真をそのまま表示しているようです。そういえば、「あなたのフォトストリーム」が見当たりません。

すべてのiOSデバイスで撮影した写真がひとつになるのは、一見便利なようでデバイスごとに撮影した写真を管理している人にっては不便な仕様となりました。しかも、撮影した機種の情報が出てくるわけではありませんので、どの機種で撮影したかを判別するには1枚1枚写真を見ていくしかありません。

幸い、「写真」を選択すると「年別」、「コレクション」、「モーメント」とドリルダウンしていくことができますので、撮影日を元に判別することはある程度可能です。

「モーメント」の状態で「選択」をタップすれば、日付ごとに選択ができますので、いま扱っているデバイスでしか撮影していない場合の選択は楽になります。そうやって、ある程度の判別をして選択して、「追加」でアルバムを作ってしまい、デバイスごとに分けることはできます。

でも、使いづらい…

カメラロールよ、お前は偉大だったんだな…