文章の見直しは「PDFに保存」がエコ

書いた文章の見直しは、一度紙へ印刷して見直したほうが校正しやすいですが無駄が多い気もします。PDFに保存すれば紙と同じ見た目になるので、紙での見直しに近い状態に持っていけます。

書いた文章は見直しをします。

文章を書いているときは夢中になっていますので、全体が見えなくなってしまうものです。文章全体の一貫性や前後関係の誤りなどは、文章を書き上げたあとで見直すと見つけやすいです。

書いたものを見直すときは紙に印刷するとやりやすいです。紙に印刷することで、自分の気持ちが「書くモード」から「読むモード」に変わります。気持ちの切り替えができることで違う視点で見直すことができます。違う視点で見直せば細かな間違いも見つけやすいです。

だけど、たかだか見直すために紙に印刷するのはもったいない気もします。紙に印刷して見直して、文章を修正してはまた紙に印刷して見直して、こんな作業を繰り返すと紙を何枚も消費します。

そこで「PDFに保存」です。

PDFを紙の代わりに使うのです。PDFなら電子データなので紙がもったいないということはありません。出力結果が紙と同じレイアウトなので、文章を見直すときに必要な「書くモード」から「読むモード」への気持ちの切り替えもできます。

ちょっとした一手間で文章がよくなるのであれば試してみる価値はありますよね。紙で印刷したときのようにレイアウトを正確に保持するように開発されたPDFですから、その特性を活用してあげましょう。

カテゴリーIT