Safariのリーダーからメール送信でEvernoteに送ると読みやすいフォーマットで保存できる

Reader

MacのSafariに搭載されているリーダーからメール送信でEvernoteに送ると、いま見ているページを読みやすいフォーマットで送ることができます。

いままで気付かなかった機能、というかテクニックです。

Safariを見ていると、アドレスバーにリーダーという文字が出てくるサイトがあります。リーダーの表示条件は、Webで情報を検索してみたら、2000文字以上あるサイトだということらしいですが、条件を満たしていても表示されなかったり、条件を満たしていなくても表示されたり、まちまちな気がします。ほかに表示条件があるのでしょうか。

このリーダーは、広告やメニューなどのフォーマットを省いてコンテンツを見やすくしてくれます。そして、この状態でメールを送信したり印刷したりできるのです。

この機能を利用してEvernoteにメールを送信します。すると、リーダーで見やすくした状態のままで保存されます。Evernoteのクリップ機能は、フォーマットを省いたり省かなかったり、意外に性能が中途半端です。なので、Safariのリーダーの機能を使うことで、見やすくきれいに保存しましょう。

これを応用すれば、長文のサイトを読みやすい状態でいつでもどこでも読むことができますし、印刷するにしても余分な装飾が省かれますのできれいです。

Safariのリーダー機能が有効になるサイトという限定的ではありますが、活用しない手はありません。

すべてのサイトでリーダーが有効になってくれればなぁ…

カテゴリーMac