デスクトップの整理にはFencesを使おう

机が散らかっている人は、たいていの場合はパソコンのデスクトップも散らかっているものである。Fencesを使って枠を作って分類すれば、どこに何があるかわかるようになる。

デスクトップにアイコンがいっぱい並んでいる人がいる。デスクトップがアイコンだらけで足らなくなったので、デュアルディスプレイにしてしまった人もいるかもしれない。そんなあなたに言いたい。デスクトップにファイルを置くなと。

でも、そうはいっても置いてしまうと思う。そういってデスクトップにファイルを置かなければ、いま頃こんなことにはなっていなかったであろう。実は、デスクトップにファイルを置きっぱなしにしなければ、あるていど整理はできていることが多い。フォルダーにファイルを格納するときに分類を考えて、分類ごとにファイルを保存することが多いからだ。でも、あなたはデスクトップに置いている。すべてを平らに並べて、その中から今日使うファイルを選びたい、そんな思いからこんなことになってしまったのだろう。

じゃあ、デスクトップを整理しようではないか。Fencesを導入すれば、デスクトップ上でファイルの分類ができるようになる。デスクトップにFence(枠、囲い)を作り出して、その中にファイルを入れる。枠には名前を付けることができるので、関連するファイルをまとめて枠に入れておけば、デスクトップ上でファイルの分類が可能となる。ほら、あなたにもファイルの整理ができた。

また、このFencesのいいところは、デスクトップをダブルクリックすればすべてのアイコンを一瞬で隠すことができることだ。これで口うるさい上司や整理整頓係が来ても、一瞬でデスクトップをクリーンにすることができる。デスクトップのチェックが終わったら、またダブルクリックで元に戻せばいいのだ。

これであなたも仕事ができる人の仲間入りだ!