カメラを落とさないただひとつの方法

去年の暮れにカメラを落としてレンズをやってしまいました。現在はニコンに預けて修理してもらっています。修理期間中にどうやればレンズを落とさずにすむか考えてみたいと思います。

私のケース

私の場合、カメラをバックパックから取り出すために、ベンチにカメラを置いたことが原因でした。

年の瀬にレンズ落として修理へ 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM

ベンチに置いたときに端のほうに置いてしまったがために、ずるっと滑って落ちてしまいました。もっとベンチの背もたれのほうにおけばよかったのです。バックパックのチャックを閉めるあいだに落下した次第です。

カメラを落とすタイミング

カメラって、どんなタイミングで落とすのかを考えてみました。

カメラを持つときは、通常はストラップをつけて首からかけていたり、手首にかけていたりします。この状態のときは落としません。ストラップから外れるという事故があるかもしれませんが、まず稀です。

つまり、普通にカメラを持っているときには自分がこけるとき以外は地面に叩きつけられることはないのです。

カメラを落とすときはストラップを首や手首から外したとき、つまりカバンから出し入れするときがほとんどではないでしょうか。出し入れするときも、出したり入れたりするときは落としません。なぜなら、カメラを手で持っているからです。手が滑らない限りは落としません。でも、カメラって意外にごついしグリップがあるので、あまり滑って落とすということはないのです。

カメラを落とすときは、カメラを出したあと、置いたとき、あるいは置こうとする瞬間にあります。置くときは手からカメラが離れる瞬間です。まずここで下に安定した場所がなければ落ちます。

また、手から離れたあとは自分のコントロール外にあります。自分がコントロールできないうちにカメラが動いて落ちるということがあります。それが私が体験した今回のケースで、不安定で斜めになっている場所に置いて、置いた直後はよかったけど、徐々に重力に従って滑っていき、地面に叩きつけられます。

つまり、カメラを落とすときは、手から離れる瞬間、つまりカメラをどこかに置こうとするときが多いのではないかと考えました。

最初から地面にあればいいじゃん!

カメラを落とすタイミングの考察から、カメラを落とさないようにするにはどうすればいいのか。単純に考えてみました。

最初から落としておけばいい。

つまり、カメラを置くときにベンチや机の上ではなく地面に置けばいいのです。

だって、地面に置けばそれ以上は落ちようがないですからね。ああ、道路が抜ける危険性がありますね。でも、そのときは命も助かるかどうかということなので、諦めましょう。人間、死ぬときは死ぬのです。

地面に置いたら汚れるじゃないかって?

一時的に汚れてあとで拭くのと、汚れを恐れて落として莫大な修理料金を払うのとどちらがいいですか?

お金を回したい、自分がお金を払うことで景気を良くしたいというのであれば、莫大な修理料金のほうを取ってください。心から感謝いたします。でも、私は無駄なお金は払いたくはないので、落とさないように気をつけたい、そのために少しカメラが汚れるのは許容したいと思います。

あ、雨が降っているときは、よしたほうがいいかもね。

まとめ

カメラを落とすときって、手から離れる瞬間に気が抜けて落ちるという場合がほとんどですので、その瞬間を気をつける、あるいは記事で書いたように最初から地面に近いところで作業をする、地面に置く、これを心がければカメラを落とすことはなくなるのかなと。だって、最初から落とした位置に置くわけですから、これ以上落ちようがないですからね。

アスファルトや石畳の上ではなく、土の上だとちょっと抵抗があるかもしれませんが、カメラが動作しなくなって、その日の予定がすべてパーになるよりかはいいですからね。

私も今度、カメラを取り出すときは、地面にカメラを置くように心がけてみようかなと思います。