緊急時のライト確保は使わなくなったiPhoneが便利!

停電時などのいざというときに明かりを確保したい場合は、使わなくなったiPhoneを使うと便利です。


iPhoneにはライトが付いています。そして、iOSにはコントロールセンターにライトのアイコンがあり、タップするだけでライトのオン、オフができます。

メイン端末で使っているiPhoneを情報収集に使いながら、使わなくなったiPhoneで明かりを確保できると、夜に停電したときなどに、メイン端末のバッテリーを保ちつつ明かりも確保できるので、古いiPhoneでもバッテリーを受電しておくといいです。

三脚につけて明かりを照らすiPhone

ミニ三脚とiPhoneをつけるアダプターがあればなお便利です。

いざというときに試してみてください。