常に持ち歩くならカメラはミラーレス! Nikon 1 J4買ったよ!

旧モデルですが、Nikon 1 J4を買いました。作例も含めて見ていきたいと思います。

カメラは持ち歩いてこそ

デジタル一眼レフカメラを使っていますが、つねに持ち歩いているわけではありません。さすがにあの大きなものをいつでも持ち歩けないですからね。

例えば、普段の生活の中で撮りたいものがあったときに活躍するのは主にスマートフォンのカメラです。それは、スマートフォンはいつでも身につけているので、撮りたいものがあったときに、すぐに対応できます。

でもデジタル一眼レフカメラは普段の生活では持ち歩いていないので、いざというときに対応できません。そういう意味では、デジタル一眼レフカメラはここぞというときのためのカメラと言ってもいいでしょう。

撮りたいときにカメラを持っていることこそ重要。でも、スマートフォンのカメラではちょっと物足りない。そんなときに候補に上がってくるのがコンパクトデジタルカメラかミラーレス一眼カメラです。

ミラーレス一眼はレンズが交換できる

コンパクトデジタルカメラかミラーレス一眼カメラかどちらがいいかと言われると、どちらも持ち歩くに適していますが、大きな違いはレンズが交換できるかどうかというところです。レンズが交換できなくてもいい、手軽に簡単に撮影したいのであればコンパクトデジタルカメラ、レンズ交換して色々楽しみたいのであればミラーレス一眼カメラという選択になります。

ミラーレス一眼カメラはコンパクトデジタルカメラに比べると少しサイズは大きくなるのが一般的です。ところが、最近はミラーレスでもコンデジ並みのサイズのものが出てきています。それがNikon 1 J4です。

サイズが小さいので普段の生活で持ち歩ける

Nikon 1 J4は約99.5×60×28.5mmで手のひらに収まるサイズ。持ち歩きやすいサイズです。カバンの中に放り込んでおいて、撮りたいものがあったらサッと取り出して撮影できる。

ただし、メモリーがSDではなくmicroSDになってしまいますので、メモリーカードを一眼レフカメラと使い回すことはできません。すべてmicroSDにして一眼レフのときはアダプターをかますというのもおかしな話ですからね。

でも、このサイズのおかげでいつも持ち歩けてガンガン撮影ができます。最新モデルはNikon 1 J5ですが、ちょっとゴツくなっています。J4のほうがスタイリッシュでカッコいいと感じました。

Amazonのマーケットプレースで3万円台

Nikon 1 J4ですが、Amazonで探せば3万円台で販売されています。発売当初は6万円越えだったので、半額ぐらいでいいカメラが手に入ります。しかも、ダブルズームキットがです。気になるのであれば、在庫がなくなって販売終了になる前に手に入れておいたほうがいいです。

私はダブルズームキットのブラックを選びました。別でmicroSDXCの128GBを買いましたが、8GBのメモリーがおまけで付いてきていました。

Nikon 1 J4

Nikon 1 J4

Nikon 1 J4

Nikon 1 J4

レンズはダブルズームキットなので、「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」と「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」が付属してきます。つまり、ダブルズームキットを買うことで焦点距離として「10-110mm」、35mm換算では「27-297mm」のレンズを手に入れることができます。しかも手振れ補正付きです。

作例

実際に撮影した写真を掲載します。今回は「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM」で撮影したものです。

東京国際フォーラム

WB調整機能を使って色を足しています。夕暮れ時の東京国際フォーラムです。

聖路加タワー

聖路加タワーを。こちらも夕暮れ時ですが、まだ空が明るいです。

黄色い花

黄色い花が目に付いたので撮影。

浮き輪

隅田川の浮き輪です。

ネオンサイン

ピクチャーコントロールのビビットでコントラスト、彩度をアゲアゲで撮影してみました。

ボート

ボートの流し撮りをしてみました。

ひまわり

どうやったら、こんなひまわりになるんでしょう。

勝鬨橋

こちらはWBオート。WBに水中というものがあったので試してみましたが、オートと似た感じになりました。

銀座の夜

銀座にある建物。こちらは夜景撮影です。ISO1600まで上げています。手持ちですが手ぶれが発生していません。

かき氷手ぶれ版

こちらは手ブレしたかき氷です。失敗したかと思ったのですが、これはこれでなかなか面白い絵になったなと。「わーい、かき氷だ!」と迫っていく感じがしませんか?

かき氷通常版

かき氷通常版。やっぱり、練乳かけまくりだよね。

普段使いカメラはミラーレス、ここぞというとき一眼レフ

ここまで小型のカメラだと持ち歩いても苦になりません。散歩しながらとか、仕事帰りとか、旅行の移動中で一眼レフを取り出すまでもないところとか、レストランで一眼レフで撮影したら目立つし、スマートフォンのカメラでは音が出るしという場面で大活躍です。

写真の作品を作るというより、気軽に写真を楽しめるカメラだなと思います。一眼レフてしっかり狙ってじっくりというのとはまた違い、ガンガン撮って楽しもうと思えるカメラに出会えたなと。

ズームレンズもそれほど大きくないので(前に買ったやつはデカすぎ)、どちらもカバンに忍ばせておいて、ちゃっと出して撮影ということができます。

気軽に写真を楽しみたいならミラーレスですね。