みなとみらい線 元町・中華街駅は天井が高くて圧迫感がない

みなとみらい線の元町・中華街駅は天井が高いのが印象的。

元町・中華街駅の天井をエスカレーターから撮影

日本大通駅から山下公園を歩いて、みなとみらい線の元町・中華街駅から横浜に向かうときに、エスカレーターから見えるホームの天井の高さが印象的だったので、思わず撮影しました。

これだけ天井が高いと、地下駅にありがちな圧迫感をあまり感じません。圧迫感がありまくりな大江戸線とは大違いです。

地下鉄の駅の天井はこれぐらい高いといいなと思いますけど、都内だと上も下も地下鉄だらけでそう簡単にはいかないのでしょうね。

元町・中華街駅のエスカレーター

アーチ型の天井で金属の壁のほうに抜けているエスカレーターが、なんだか近未来的な印象を与えます。巨大なロボットに吸い込まれていく感じですね。

ところで、この駅の正式名称は「元町・中華街(山下公園)駅」が正式なんですって。なんか、地元の利害関係者の名前を全部入れたって感じですね。住所だけでいいじゃんという風にはならなかったみたいですね。