スマートフォンアプリ開発者だったらMacがいい

スマートフォンのアプリを開発するならWindowsよりもMacをおすすめしたい。

Macをメインマシンにしてから、最近になってMac向けに何かを開発できないかアイデアを練っているところだが、思えばスマートフォン向けのアプリを開発するならMacが最適である。

なぜならAndroidアプリもiOSアプリもどちらもビルドができるから。AndroidアプリであればMacでもWindowsでもeclipseがインストールできるし、Android SDKをインストールしてアプリのビルドができる。だが、iOSアプリは基本的にビルドできない。Objective-Cを用いてCocoaフレームワークを使って開発するなら選択肢はMacのみとなる。だから、スマートフォン向けのアプリ開発をメインにするなら、使うパソコンはWindowsが搭載されたマシンよりも、Macのほうがいい。

Windows Phoneの開発はどうするのか? 確かにWindows Phoneの開発となればWindowsが搭載されたパソコンとVisual Studioが必要になってくるが、そういうときは仮想マシンにWindowsをセットアップするかBoot Campに頼ろうではないか。

自分も含めて最近、IT系の人々がMacに走る事例をよく目にするが、やはり使いやすさ、かっこよさはMacがいいだろう。Unixマシンなので、Unix系の開発者もMacを選んでいるのもあるだろう。

なんだか、Macづいている今日この頃である。