ミラクル エッシャー展に行ってきた!

上野の森美術館で開催されているエッシャー展に行ってきました。

だまし絵1というと聞いたことがある人も多いと思います。有名なところでは『滝』という名の絵で、水車の水が上に登って行って、流れ落ちてまた水車を回すという絵。私ははずっと絵だと思っていたのですが、これ実は版画なんです。

そもそも、エッシャーは版画家で『滝』もリトグラフ2です。エッシャー展で解説されていた、作品における版画技法は以下通りです。

  1. 凸版版画
    • 板目木版
    • 木口木版
    • リノカット
  2. 凹版版画
    • エッチング
    • メゾティント
  3. 平板
    • リトグラフ

それぞれの解説は図録に書いてありますのでそちらに譲ります。

上野駅の公園口改札を抜け、信号を渡って左側の道を進んでいくと看板が見えます。

2番目の看板を過ぎるとまもなくです。

大きくエッシャー展の壁広告が見えてきます。この建物が上野の森美術館です。

入口脇にチケットを買うブースがありますので、まずはそこで券を購入します。チケットの料金体系はこんな感じ。

チケット料金 当日券 前売券、20名以上の団体
一般 1,600円 1,400円
大学生・高校生 1,200円 1,000円
中学生・小学生 600円 500円
小学生未満 無料

その後、ロッカーがあって建物に入るとすぐに入場となります。ロッカー入り口前しかありませんので、荷物を預ける場合は入る前に済ませておく必要があります。ロッカーは100円で、取り出すときに返ってくる方式です。

音声ガイドは550円。ナビゲーターはバカリズム。とは言っても、「トツギーノ!」とはならず、いたって普通の音声ガイドです。80番で公式ソング、サカナクションの「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」が途中まで聴けます。

展示会は1階だけでなく2階に上る場面もありますので、足の悪い人は係員の世話になることになるのだと思います。

エッシャーというとだまし絵という印象ですが、すべてがすべてだまし絵ではなく、幾何学図形をモチーフとした作品や『バベルの塔』など聖書をテーマとしてもの、イタリアの風景画、人物画や広告のための版画など多彩です。

「でんぐりでんぐり」という名のオリジナルキャラも出てきたり、有名なだまし絵だけではく、いろいろ楽しめる内容となっています。

ミラクル エッシャー展(上野の森美術館)

住所: 東京都台東区上野公園1-2

ウェブサイト: http://www.escher.jp

開館時間: 10:00 〜 17:00(毎週金・土曜日は20:00)3

上野の森美術館
  1. トロンプ・ルイユって言うらしいよ。
  2. 版画の一種。リトグラフ – Wikipediaを参照のこと。
  3. 入館は閉館の30分前まで。

Follow me!

Feedlyで新着記事をチェックしよう!

Feedlyでフォローしておけば、新着記事をチェックすることができます。ぜひ、この機会にFeedlyに追加しておきましょう。