快速グリーン車の車内販売は現金のみ

グリーン車に乗って飲み物や食べ物を買うときは現金で支払う必要があります。

グリーン券はSuica対応

快速グリーン車はSuicaにグリーン券情報を登録して、座席の上にあるリーダーにタッチすることで車内改札をスキップすることができます。

キャッシュレスで、モバイルSuicaを利用していてるなら、その場で、スマートフォン上でグリーン券を買うことができます。

私はApple Watchを使っていますので、Suicaアプリでグリーン券を購入して、Apple Watchをリーダーにかざすことで、グリーン席を有効にします。

グリーン車に乗り込んで、席についてからSuicaアプリを立ち上げて、「チケット購入・Suica管理」から「Suicaグリーン券」を選んで購入します。グリーンアテンダントは走り出してから車内改札に来ることが多いので、十分に間に合います。

とても便利な仕組みです。

車内での買い物は現金

ここまで便利なのに、グリーン車の車内販売は現金で支払わなければなりません。車内販売は外注に任せているから放置とかなんでしょうか。

せっかく、駅に入ってから出るまでSuicaで決済できるのですから、グリーン車の車内販売も当然Suicaで決済できたほうがいいです。

特急の車掌だってSuica決済端末を持ち歩いて、特急券をSuicaで買うことができるのに。

ここで現金かよって。

まとめ

まさかここで現金を求められるとは思いませんでした。

例えば、駅構内で地元の店が出店していて、Suica決済の手数料を削減するために現金のみの取り扱いというのは理解できます。Suica決済を簡単に導入できるのは、それなりに規模がある企業だと思いますから。

でも、車内販売だぜ。

そこはSuicaにしようよ。

Suica
カテゴリ: ファイナンス
現在の価格: 無料