否定していたiPhone 6 Plusの購入を決めた理由とキャリア亡命

iPhone 6 Plusの購入を頑なに否定していました。その否定していた理由と、購入の決意に至ったある事象を紹介します。また、キャリア亡命についても語ります。

iPhone 6 Plusの購入決意

iPhone 6 Plusはやはり大きい

iPhone 6 Plusが発表されてから、私の周辺では買い換えるかどうかの話題で持ちきりでした。その中で、ほとんどの人はiPhone 6を購入を決め、予約していました。

私はいまiPhone 5を使っていますが、iPhone 6やiPhone 6 Plusにそれほど魅力を感じませんでした。理由はやはり大きさです。iPhone 6 Plusは1万円札と同じ大きさとのことでしたので、操作性が悪くなることを懸念したのです。

iPhone 6 Plusを使うとなると、片手フリック入力はあきらめなくてはいけません。両手で入力という形になるでしょう。スマートフォンで入力のときに両手がふさがるというのが、使いづらそうだなという印象がありました。

また、大きければそれだけ持ちにくさにつながり、落としやすくなるでしょう。傷つく可能性が増えることも気にかかります。

そういう理由でiPhone 6 Plusは購入することはないだろうと考えていました。

iPhone 6とiPhone 5との差

iPhone 6 PlusではなくiPhone 6なら、それほど大きくはないから大丈夫ではないかとも思いましたが、こちらもそれほど魅力を感じませんでした。

iPhone 6といま手持ちのiPhone 5のスペックを比べてみると、CPUなどの性能が上がったことと、カメラの性能が上がったこと、Touch IDに対応していることなどを除けば、ほとんどiPhone 5と変わらないと感じました。

しかもカメラに関しては、光学手ぶれ補正が付いているiPhone 6 Plusと比べて見劣りするもので、iOS 8にアップデートすれば最新の機能のほとんどが利用可能なiPhoneを、あえてハードウェアをアップグレードする必要はないかなと思いました。

もちろんiPhone 5とiPhone 6のカメラの性能には大きな差があり、それにともなって使える機能の差もあります。ですが、その差をもってしてもiPhone 6に買い換えるモチベーションにはつながりませんでした。

iPhone 5だっていいスマートフォンです。長く使えるなら長く使おうという思いでした。

旅先での不幸

2014年10月に四国に旅行に行きました。もちろんiPhone 5を持っていき、さまざまな名所を撮影していました。撮影を続けていて、旅行の最終日にあることに気がついたのです。

レンズにゴミが付いている…

拭いてみても取れません。レンズの外側ではなく、内側にゴミが付着していたのです。しかも2ヶ所も!

これはショックでした。購入してから2年間、ゴミなんてまったくつかなかったのに、どうしてここにきてゴミが付いてしまうのだろう。ネットで調べてみると、どうもiPhone 5の初期モデルはゴミが入ってしまうような構造なのだそうです。

購入から2年になろうとしていますので、とうぜん保証期間は過ぎていますし、Apple Careにも入っていませんので、おそらく修理や交換にはそれなりの料金がかかるのではと考えました。

これがiPhone 6 Plusの購入を考えるひとつのきっかけとなりました。

レンズの内側にゴミが入った状態で写真を撮り続ける気はありません。すると道はお金をかけて修理をするか、iPhone 5S、iPhone 6、iPhone 6 Plusのいずれかを購入するかということになります。

iPhoneを使う目的の再発見

旅先でレンズの内側にゴミが入るという体験を経て、また旅の中でのiPhoneを使っての撮影を振り返って、ある気づきを得ることができました。

レンズの内側にゴミが入って対応を考えなくてはいけないという状況の中で、いままでのiPhoneの使い方を見直してみると、よく写真を撮っていたなと、そして旅の中でのiPhoneを使うシーンは写真撮影のシーンが多かったなと、さらには動画を撮影する楽しさを実感してきて、iPhoneを使って何をやってきたか、これからどうしていきたいかがわかったのです。

自分はiPhoneで写真や動画を撮影したかったのです。

特に動画への目覚めは大きく感じました。旅行にiPhoneを持っていったときに、鳴門海峡の渦潮は動画で撮影しています。この旅で、写真もそうですが、動画を撮影する楽しさに目覚めたのです。

ならば、iPhoneを選ぶときに、あるいは買い換えるきっかけはカメラの性能で選んでいいんだという明確な指標が自分には適していることに気づくことができたのです。

キャリア亡命

自由への旅立ち

iPhoneをカメラの性能で選ぶなら、iPhone 6 Plus一択です。

ただ、今回はもうひとつの思いがありました。

シャバの空気が吸いたい!

縛りのない世界へ亡命を果たしたい!

名付けて「キャリア亡命」を果たしたいという思いがありました。

大手キャリアの2年縛りは、2年間拘束されるということです。2年間同じ端末、同じ電波を使い続けなくてはいけないということです。それはある意味では楽な選択肢です。何も考えなくても、お金さえ払えばキャリアがすべてプランを考えてくれるからです。iPhoneのプランはこれですよと決められた道を進めばいいわけです。

でもね。

自分は苦労してでも自由を手に入れたいなと思いました。

コスト的な問題と大手キャリアのやり方

キャリア亡命を考えたのはさまざまな理由からです。SIMフリーのiPhoneが同時に発売されるようになったいま、あえてキャリアに縛られているSIMロック端末を購入する意味はないのではないかと。

もちろん、SIMフリー端末ではキャリアの購入サポート的な割引を受けることはできません。でも、2年間縛られることによって、そのキャリアにお金を払い続けなければなりません。その金額は、SIMフリー端末をMVNOで運用した場合に比べると高額になるということが挙げられます。

総合的に見ると、iPhoneをキャリアのサポートなしに購入したほうが安くなる場合があるということです。

むろん、iPhoneは高額です。一括で払うのが無理ならAppleローンがあります。2年縛りを実施している大手キャリアに払う通信費と2年間縛られるストレスを考えれば、Appleローンはひとつの選択肢だと思います。金利がかかるので一括で購入したほうがいいのは言うまでもないですが。

ただ、高額といっても、高校生が2ヶ月か3ヶ月ぐらいがんばってバイトすれば手が届く範囲の価格です。小遣い制のおとうさんは厳しいかもしれませんが、その程度と言ってしまえばその程度なのです。

最初にガツンと支払って、そのあとの費用を安く抑えて総合的に割安にあげるか、毎月無理なく支払って、総合的に割高になるか、どちらかを選ぶのは人それぞれだと思います。コストだけ考えればいい問題でもないです。

しかし、私は大手キャリアのやり方にはいい加減うんざりしています。わかりにくい料金体系と契約内容で消費者を混乱させ、さらには気づかなければ関係のないプランまで契約させようとするその商習慣にはいい加減にヘドが出る思いです。

幸い、ここにきてMVNOが充実してきています。消費者にとって、選択肢が増えるということはいいことです。これを活用しない手はありません。

選択肢が増えるということ

SIMフリーということは、SIMを自由に入れ替えて使えるということです。MVNOで自分の利用実態にあったプランを出しているキャリアと契約することができます。もちろん、いままでと同じように大手キャリアのSIMも使うことができます。

選択肢が増えるということは、自分で自由にキャリアを選べるということ、それは自分で調べて決めなければいけないということでもあります。どのキャリアがどのようなサービスを展開しているか、比較して契約するキャリアを決めるということは、煩雑さを伴います。

自由になるということはそういうことなのです。

それをよしとするかどうかはいろいろ意見はありますが、私は端末がまずあって、自分が契約したいキャリアを自由に選べるほうが、通信を必要とする端末の本来の姿ではないかなと思うのです。

例えば、パソコンでプロバイダーに契約するときは自由に選べますし、接続サービスも光回線を使うのかケーブルテレビを使うのか、あるいは別のサービスを使うのかは自由に選ぶことができます。

ひとつのキャリアに縛り付けられるのはモバイルサービスぐらいなものです。特にiPhoneという全世界でどこでも使える端末が、狭い日本国内ですら接続先を選べないのは、なんか違う気がするのです。

でも、今回のiPhoneは最初から自由になるという選択肢があるのです。iPhoneがいち早く本来の姿に近づいたのではないかと思っています。

iPhone 6 Plus SIMフリーを注文

購入はもちろんiPhone 6 Plusです。やっぱり光学手ぶれ補正ですよ。自分はiPhoneでカメラを使いまくりたいのでカメラ重視です。動画撮影のときに光学手ぶれ補正があるのとないのでは大きく差が出ると思います。

カメラ部分がでっぱっているということで、純正のケースも一緒に注文しました。いままでは、鞄に入れるときだけケースを付けていて、実際に使うときは裸で使っていました。iPhoneにはめて使うケースではなく、出し入れできるケースでした。

カメラ部分を保護できるように、はめて使うタイプのケースということで純正のケースを選びました。

今回はSIMフリー端末ということで、キャリアの保障がつかないのでApple Careは必須だと思い、入ることにしました。何かあったときのために心強いです。

iPhone 6 Plus SIMフリーはApple Online Storeから注文できます。3週間から4週間ほどかかるようです。そして、いま契約しているキャリアの2年縛り契約の解約期限が2014年11月20日までです。iPhone 6 PlusのSIMフリーに買い換えて、キャリアの2年縛り地獄を脱出するにはちょうどいい時期です。間に合うかどうかギリギリのラインだと思いますが、大丈夫だと信じています。

iPhoneを使う目的、使い方を見直してみると、意外に選択肢は多いことに気づきます。

これを機に、iPhoneをどう使っていくのか、いままでと同じキャリアでいいのかを自分に問いかけてみると新しい道が開けるかもしれませんよ。