iPhoneでアプリ買い過ぎを防ぐには

iPhoneで怖いのはアプリの買い過ぎです。アプリの買い過ぎを防ぐにはどうすればいいでしょうか?

iPhoneを使っているとApp Storeからたくさんのアプリをダウンロードすることができます。便利なアプリ、デザインがかっこいいアプリ、楽しいゲームなど無数のアプリが販売されています。App Storeを見ているとついついアプリをダウンロードしてしまいます。

Apple IDにクレジットカードを登録しておけば、アプリをいつでもダウンロードできて支払いはクレジットカードに請求がきます。これは便利なようで実は怖いことです。ついついアプリをダウンロードしすぎると、クレジットカードの請求額が高額になってしまいます。

アプリの買い過ぎを防ぐにはクレジットカードでの支払いをやめることです。クレジットカードでの支払いの場合、後払いになってしまいます。後払いだから、際限なくアプリが購入できてしまうのです。これを前払いにすれば決まった額だけしかアプリを購入できません。前払いにするだけでアプリの買い過ぎを防ぐことができるのです。

そのためにiTunes Cardを使います。

iTunes Cardはコンビニや家電量販店などで販売されています。もちろん、Apple Storeでも購入可能です。券種は1500円、3000円、5000円、10000円の4種類です。コンビニや家電量販店などで、現金でiTunes Cardを購入します。

それをApp Storeで登録します。購入したiTunes Card裏面のシールをはがしてコードをApp Storeに登録することで登録したiTunes Cardの金額から課金されるようになります。

App StoreでiTunes Cardを登録する方法

  1. App Storeで一番下までスクロールして「iTune Card/コードを使う」をタップします。App Store
  2. コード入力部分にiTunes Cardの裏側のコードを入力します。App Store

そしてクレジットカードから引き落とされないように、App Storeでクレジットカードを使わない設定にしておきます。

App Storeでクレジットカードを使わないようにする設定

  1. App Storeで一番下までスクロールしてApple IDをタップします。App Store Apple ID
  2. アカウントで「お支払情報」をタップします。App Storeアカウント
  3. 「お支払方法の種類」で一覧から「なし」をタップします。お支払方法変更

以上で設定は終了です。

この方法で、決まった間隔でiTunes Cardを買って登録するようにすれば、アプリによるお金の使い過ぎを防ぐことができるのです。また、iTunes Cardは割引キャンペーンをよくやっていますので、うまく情報を仕入れていればクレジットカードでアプリを買うよりもお得です。

iTunes CardはApple IDに関連づけられますので、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスのApp Storeだけではなく、iTunes Storeで音楽を買ったり、Mac App StoreでMac用のアプリを購入することも可能です。子供にiOSデバイスを渡している場合は、お小遣いとしてiTunes Cardを渡すのもいいかもしれません。

iTunes Cardで賢いアプリライフを送りましょう。