AndroidカメラアプリHDR Camera+できれいな写真を

HDR Camera+というアプリを使えばスマートフォンで手軽にHDR画像を楽しむことができる。きれいな写真を撮りたい人はおすすめだ。

HDRとは(Hight Dynamic Range Imaging)の略だ。HDRIと呼ばれることもある。ハイダイナミックレンジ合成という。デジタルカメラでいうところのダイナミックレンジは記録可能な写真のの一番明るい部分と暗い部分の比率のことで、デジタルカメラはこのダイナミックレンジが狭い。つまり明暗の差をあまり広範囲に記録することができない。だから、暗いところに合わせてを撮ると明るいところが白飛びするし、明るいところに合わせて撮ると暗いところが黒くつぶれてしまう。そうすると肉眼で見えているよりも薄っぺらい写真になってしまう。

HDRという手法は、同じ写真をカメラの露出を変えながら複数枚撮影して、これを合成する手法のことだ。露出を変えながら複数枚の写真を撮影することで暗い部分から明るい部分のそれぞれの適正露出の写真を得ることができる。その写真をデジタル合成して1枚の写真を作り上げることで幅広いダイナミックレンジの写真、つまり明るいところは白飛びしていないし、暗いところはつぶれていない写真を得ることができる。

HDRは、通常は撮影したあとで合成作業を行う。だが、最近のデジタルカメラではこの合成をカメラの内部で処理してくれる機種がある。この合成をアプリでやってしまうのがHDR Camera+というAndroidアプリだ。

このアプリはシャッターを押すと3枚の写真を記録する。つまり3回連続でシャッターが切れる。3枚の写真を撮り終えるまでスマートフォンを動かしてはいけない。写真が取り終えると合成処理が始まって、合成した結果を表示してくれる。保存する場合は保存ボタンをクリックする。たったこれだけできれいな写真を撮影することができる。

比較してみよう。

まず通常の撮影。

次にHDR Camera+で撮影した空。

絵作りした感が否めないが、木の紅葉や緑の部分、雲の色合いが通常撮影よりもちゃんと表現できているのがわかる。写真のいい悪いは好みの部分はあるが、普通とはちょっと違う写真を撮ることができるという意味ではありではないだろうか。

このHDRは夜景撮影の時に力を発揮する。街のきれいな明かりを撮ろうとしてもなかなかきれいに撮れないとき、このHDRを使うときれいな写真を撮ることができる。いくつか作例をあげてみる。

アプリひとつで写真の可能性はまだまだ広がる。