入浴後のベビーローションは侮れない

冬は乾燥する。乾燥すると肌がかさかさしてくるし、かゆくなる。乾燥を防ぎ、肌をすべすべにするには入浴後にベビーローションを使うのがいい。

冬になると空気か乾燥してくる。このため肌がかゆくなる。空気の乾燥により、肌がかさかさになるからだ。特にあるていど年を重ねてくると乾燥がひどくなる。かさかさになってくるとかゆみが出てくる。かゆみが出てきてかくとさらにかゆくなるという悪循環を繰り返す。

かゆみ止めクリームを塗ったりしてみるものの、かゆみはそのときは止まるがしばらくすると再びかゆくなってきたり、べたべたで気持ち悪かったりする。べたべたしないでかゆみを抑えてくれる、乾燥を抑えてくれるものがあるといい。

そこで昔からよく言われている、風呂上がりにぬれたままの状態でベビーローションを塗るということをやってみた。これが侮れないのだ。ベビーローション自体がべたべたしない。さらさらな手触りだし、さらにぬれている状態で塗ることもありべたべた感はほとんどない。そして、肌がしっとりとしてくるのだ。

塗り終わったらそのままタオルで体を拭くのだが、タオルの肌触りの感触がベビーローションを塗っていないときとは全く異なる。タオルの生地と肌との引っかかり感がないという表現が一番合っているだろうか。タオルの肌の滑りがよくなる。肌がしっとりとしている状態だ。そして、かゆみも抑えられる。

もし、乾燥で肌がかゆくて困っているなら風呂上がりのベビーローションを試してみよう。安いしべたべたしないし、肌がしっとりで意外に侮れない。