Gmailでメールを残しつつスルーする方法

Gmailで嫌な人のメールをスルーしたいけど、後々のために証拠を残しておきたい場合の方法を紹介します。

嫌な人からのメールは目に入れたくないものです。例えば元カノや元カレなどのメールが代表的なものでしょう。メールそのものを受け入れたくないものです。できればそのまま自動で削除してしまいたいと思うかもしれませんが、嫌がらせが続いたり犯罪に巻き込まれたりする場合を考えると、証拠保全の観点から残しておいたほうがいい場合もあります。

そんなときに、メールそのものを目にすることなく証拠として残す方法をGmailで紹介します。Gmailを例に使っていますが、メールソフトのルール機能でも同じようなことができますので、メールソフトのヘルプを見ながら設定して活用してみてください。

  1. Gmailにアクセスしたら検索するためのテキストボックスの右側にある「▼」をクリックします。Gmail Search Area
  2. 詳細な検索を指定できるボックスが表示されます。「From」にスルーしたい人のアドレスを入力して「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。Gmail Filter
  3. フィルターのオプションが表示されますので「受信トレイをスキップ(アーカイブする)」と「既読にする」と「ラベルを付ける」を選択します。ラベルは自由に作ってください。あとで証拠の一覧として参照しやすい名前にしておくといいです。GmailFilterOption
  4. 「フィルタ作成」ボタンをクリックしてフィルタを作成します。

これでフィルタに設定した人からメールが来ても受信トレイに残らず証拠として残すことができます。受信トレイに残らないので、スマートフォンなどでGmailを設定していても通知がなることはありません。

こんな設定をしなくてはいけない状況がこないのが一番いいですが、念のために知っておくといいでしょう。