エバーマスクおすすめポイント 花粉症の人は必見

エバーマスクパッケージ表

もうすぐ花粉症の季節になります。今年はエバーマスクを導入して、少しでも快適に花粉症を乗り切りましょう。エバーマスクのおすすめポイントを紹介していきます。

間もなく花粉症の季節がやってきます。1月の終わり頃から5月ぐらいまでは、花粉症の人にとってつらい時期です。鼻水が出て涙が止まらない季節です。別に悲しいわけではありません。ただ、つらいだけなんです。

そんな花粉症の季節に少しでも快適に過ごすには、マスクをすることが重要です。マスクはいろいろ試しました。不織布のマスク、鼻の中に入れるタイプのマスク、鼻の下や周りに塗るだけのタイプ、布マスクとさまざまな道を通ってきてたどり着いたのがエバーマスクでした。

エバーマスクはポリウレタンファームのマスクです。日昭産業が作っているマスクで、歯医者などでよく使われています。そのエバーマスクのおすすめポイントを紹介したいと思います。

息苦しくない

エバーマスクは息苦しくありません。通気性が高いのです。空気がマスク内にこもることがありませんので、自分の息を嗅いで臭い思いをすることもありません。

防塵力が高い

エバーマスクは通常の布マスクよりも防塵力が高いそうです。なので、通常のマスクよりも花粉を防ぐことができます。しかも前述の通り通気性がいいわけですから、もう文句なしです。

チクチクしない

通常のマスクは布の生地が肌にあたってチクチクしたり、気持ち悪かったりします。エバーマスクはチクチクすることはありません。ポリウレタンファームだからです。スポンジだからです。繊維がないのでチクチクする要素が存在しないのです。

何度でも洗って使える

エバーマスクは何度でも洗って使い回すことができます。マスクは口にするものですから汚れやすいです。食べた直後の脂っこい唇につけたり、女性なら口紅をつけた状態でつけたりしますので、汚れて当然です。布のマスクなら、そんなに何度も洗うことはできません。しかも、乾くまでに時間がかかります。不織布マスクは基本的に使い捨てです。

でもエバーマスクなら何度でも洗えます。スポンジなので洗いやすいです。しかも乾くのが早いです。乾くのが早いというか、タオルで拭いてしまえばすぐにでも使うことができます。経済的です。もう、何度もマスクを買わなくてもいいのです。

まとめ

エバーマスクは優れた機能を持った、花粉症にうってつけのマスクといえます。ただ、医療用というか業務用という扱いなので、ロット単位(50枚)で売っていることがほとんどです。何人かで協力して購入して分けるといいでしょう。

花粉症対策のマスクはエバーマスクが断然おすすめです。